皇帝ダリアの支柱の立て方(台風・強風対策)

MENU
使い方
TOP>雑記>皇帝ダリアの支柱の立て方(台風・強風対策)
スポンサードリンク

皇帝ダリアの支柱の立て方(台風・強風対策)

皇帝ダリアの支柱の立て方(台風・強風対策)
この項目の修正・提案をする
ここでは皇帝ダリアの支柱の立て方をまとめています。育て方は「皇帝ダリア」を。また支柱を立てつつ摘芯して小さく抑えるようにしてください。摘芯は「皇帝ダリアを低く育てるための摘芯の方法」を参考に。
まとめ
●皇帝ダリアを植える時に支柱は組む。
●支柱を組むだけでなく、摘芯をして小さく抑える。
●竹4本か3本を立てて、支える方がいい。

皇帝ダリアには支柱は必須

この項目の修正・提案をする
皇帝ダリアは倒れる
皇帝ダリアは放置していると4mになり、摘芯をして小さくまとめても2mちょい。そもそも皇帝ダリアは地上部の大きさに対して根が浅いのですね。よって強風が吹くと倒れやすい、いや、雨がたくさん降って株元の土がぬかるんで緩んだだけでも倒れることすらある。よって、4mだろうが2mちょいだろうが「支柱」は絶対に必須なんですよ。倒れないで育てようと思っているなら。
●絶対に倒れる!ってわけじゃないです。ただ、倒れやすい。
●皇帝ダリアは巨大なので、もしも倒れて人に当たってしまったら、もしも家に倒れてきたら…と考えるととにかく支柱は必須。
●大きく育った9月10月に「サァ!もうすぐ皇帝ダリアが咲くぞ!」って時に台風で倒れるということが多い。10月になるとツボミが出来てるので余計に悔しい。

支柱を立てる

支柱を立てる
この項目の修正・提案をする
4本の竹の支柱
1.5mの竹を4本と、50cmの竹4本を買ってきて、4本の竹の40センチから50センチを地中に埋めるようにして、皇帝ダリアの周囲に立てます。その4本の竹を50センチの竹で結んで行きます。この中央に皇帝ダリアが植わってるようにします。
●木槌で叩いて埋めてください。しっかりと固定しましょう。
●支柱を立てるだけでなく、摘芯もしましょう。

3本の竹の支柱
もしくは、1.5mから1.8mの竹を3本買ってきて、40センチか50センチくらいは地中に埋めるようにして、三角錐になるように組みます。
●支柱を立てるだけでなく、摘芯をして小さくまとめるようにしてください。

皇帝ダリアを植えた時に組む

この項目の修正・提案をする
皇帝ダリアを植えた時に最初にさっさと組んでしまいましょう。いつ組んだって一緒です。6月7月は梅雨で、休みと天気がうまく合わない。8月は熱射病になる。9月に組んでは遅いかもしれない。ってなると5月に植えた時に最初に組んでしまうのが賢明。できれば6月7月の晴れ間の間にはやってしまいたい。
●よくネットには「倒れちゃったんだけど…」とあるんですが、倒れてしまう前にとにかく支柱を。
●倒れてしまった場合は、樹木保護用のテープを巻いて保護した上で、麻ヒモなどで釣り上げて立たせます。ですが、これはあくまで「仕方のない」対症療法。早い段階で支柱を立ててしまうのが大事。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用