皇帝ダリアを低く育てるための摘芯の方法

MENU
使い方
TOP>雑記>皇帝ダリアを低く育てるための摘芯の方法
スポンサードリンク

皇帝ダリアを低く育てるための摘芯の方法


この項目の修正・提案をする
まとめ
摘芯することで小さくまとめられる。
●摘芯することで、脇芽が出て花が増える。
●70センチから80センチほどに育ったら摘芯する。
●摘芯したら、切り口に水が入らないように袋をすると良い。
●その後も摘芯を繰り返す。
●摘芯は7月いっぱいか8月初旬で最後にする。

皇帝ダリアの摘芯の目的


この項目の修正・提案をする
皇帝ダリアを春に植えてそのまま植えっぱなしにしていると、日当たりが良ければ4mくらいに育ちます。4mっていうと大変な大きさで、台風で倒れることもありますし、台風をやり過ごしても、11月あたりで霜にあたって皇帝ダリアが枯れた後は、そこまで背が高いと、その残骸の処理が非常に大変です。そこで早い段階から摘芯をして小さく仕立てるようにすることで、「管理」がしやすくなりますし、摘芯することで脇芽が増えて、花も増えます。
●皇帝ダリアが倒れて、家に寄りかかってしまうこともある。
●倒れて人にあたってしまうかもしれない。ま、実際に事故が起きたという話は聞かないんですが、十分起きうるんですよね。特に道沿いに植えている場合は。

最初の摘芯


この項目の修正・提案をする
樹高が70センチから80センチになった頃に摘芯
樹高が70センチから80センチになった頃に、一番上の節を切ってしまいます。これで、幹部分がそのまま伸びていくことはありません。ただし、その下の節から新しい脇芽が出てきて、その先に花を咲かせます。この脇芽が伸びてきたら、また摘芯をして小さく仕立てるようにします。
●70センチから80センチと数字を挙げましたが、これは目安であって、多少皇帝ダリアの大きさが大小しても問題無いです。摘芯はした方がいいです。
●もっと小さい段階で摘芯をする人もいる。その方が脇芽が増えて株が大きくなる。
●摘芯はいろんな植物で使うテクニックです。

一番上の節を切って、断面を塞ぐ


この項目の修正・提案をする
断面には水が溜まる
一番上の節を切ります。
切ると、皇帝ダリアの茎の断面図が見えると思います。皇帝ダリアの茎は「竹」みたいな真ん中に穴が空いているんですね。この穴の中に雨が入ると、溜まった水が腐って皇帝ダリアが病気になります。これを防ぐために、断面に袋をかぶせて水が入らないようにします。

断面はいずれ、小さく閉じてしまいますので、そうなったら袋は取り外して問題ありません。
●雨の少ない時期ならば、晴れの日に摘芯すれば、すぐに傷口がしぼんで問題無いのです。だから袋をしない人は多い。皇帝ダリアの株が少ないのであれば、用心して断面を袋で覆ってしまいましょう。
●透明な袋で断面を覆っていれば、すぼみ次第取り外せる。

その後の摘芯

この項目の修正・提案をする
その後も摘芯を
最初の摘芯をすると脇芽が二本生えてきて、その先がまた上へ上へと伸びてきます。その脇芽をまた摘芯することで、新芽が4本出てきます。その4本を摘芯すると…というのを繰り返します。

ただし摘芯は7月か8月まで
皇帝ダリアは9月に昼間の時間が短くなることで花芽をつけ始めます。花芽をつけさせるためには8月初旬か、まぁ、大事をとって7月中の摘芯で終わらせておきましょう。9月以降に摘芯すると花芽も一緒に落とすことになり、花が咲かなくなります。ここまで苦労して育てて開花しないって悲しいので、我慢しましょうね。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用