リムナンテスの育て方

MENU
使い方
TOP>リムナンタ科>リムナンテス
スポンサードリンク

リムナンテス(ポーチドエッグプランツ)

リムナンテス
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名リムナンタ科
属名 リムナンテス属
学名Limnanthes douglasii
別名ポーチドエッグプランツ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
本来は沼地で育つ植物で感想が若干苦手。秋(9月10月)にタネをまいて春に開花する一年草。自立せずに匍匐して横へ伸びる。グランドカバーに適している。春に苗が出回るのでそれを植えてもいいです。育てるのは簡単。夏にはかれるが、春の花が種子になってこぼれダネで秋に芽を出す。油糧作物(油を抽出する植物)。
大きさ・草丈・樹高
高さ15cm、直径30cm
まとめ
●乾燥に若干弱い。茎がしおれてからでも水をやれば復活する。
肥料は控えめ。
●日当たりで管理。
●夏には枯れるが、こぼれダネでまた芽を出す。
●育てるのは簡単。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
リムナンテスは沼を表す「リムネ」と花を表す「アントス」からなっている名前で、本来は沼地に育つ植物です。なので若干、乾燥に弱いですが気にするほどではないレベル。鉢植えならば、普通に土が乾いてたら水をやるようにします。庭植えにした場合は、乾燥しきらないように水やりをしましょう。
●水をやりすぎると徒長する。
●葉っぱ・茎がシナっとなってから水をやっても復活する。

肥料
春の開花時期に薄い液体肥料を二週に一回やる。肥料は控えめでいいです。やせ地でも育つ植物です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
株間は15センチから20センチ以上あける。
種子がお安く流通していて、それを撒く人が多い。発芽温度は15度から20度。10日ほどで発芽。秋9月10月に撒いて冬越しして開花。春蒔きしてってパターンもありますがこれは寒冷地だけ(夏涼しいからできること)。春に苗も流通する。一株・二株育てたいだけなら株を買ったほうがいいかもしれない(それでも種子の方が安いけど)。庭にパラっと蒔いて水をやれば発芽する。よって庭にパラっと撒く人が多い。
●植え替えに弱い。移植は無理。よって植え替えをしないでいいもので育てること。

用土
土質は選ばない。一般的な花と野菜の培養土で植える。もしくは自作する場合は赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使う。
植え付け方法
一般的な庭植え・鉢植えの方法でいいです。
リムナンテスは植え替えに弱いので、プランターや鉢で育てたい場合は、種子をまいて、発芽後にどんどん間引いていくようにする。育苗箱で育てる場合は、大きくなる前に植え替えをする。
●春にポット入りの苗を買って植える場合は、土を崩さないで植えること。土を崩すと根が傷んで生育不良を起こす。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりを好みます。日光が少ないと徒長しますし花も鈍くなるのでとにかく日当たりで。

耐寒温度はマイナス10度と言われるのだけど、冬越しする時は霜よけした方がいいという意見もあるが、なくてもいい。というか種子も安いし、気にしない。

その他

この項目の修正・提案をする
花ガラ摘み
植物は花が終わると、しぼんで種子を作ろうとします。種子を作る方を優先しますので、株が弱り、次の花が咲きづらくなります。よって、しぼんだ花をつんで種子を作らせないことが、リムナンテスの花を長く楽しむ「コツ」です。
●リムナンテスはこぼれダネで秋に発芽します。花を摘むとこれが無くなります。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
色合いが似ていることから「ポーチドエッグプランツ」とも呼ばれる。ポーチドエッグプランツと呼ばれるのはリムナンテスのダグラシーと呼ばれるもの。リムナンテス科は小さな科で10種ほどしかありません。ネモフィラに似ていますが全く違う科の植物です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用