ムベの育て方

MENU
使い方
TOP>アケビ科>ムベ
スポンサードリンク

ムベ(郁子・フユビ・グベ・ウンベ・イノチナガ・コッコ)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名アケビ科
属名ムベ属
学名Stauntonia hexaphylla
別名郁子・フユビ・グベ・ウンベ・イノチナガ・コッコ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
常緑ツル性植物。花に雌雄があるが1株に雄花と雌花が咲く。5月に白い花が咲いて10月にアケビによく似た実が熟す。実は紫。アケビのようにパカっと開かない。実は甘いが種子が多くて食べにくい。自家受粉するのでムベ一本で結実するが、ムベが二本以上あった方が結実はよい。一年で1.5mも生育するので剪定で管理できる長さに止める必要がある。
大きさ・草丈・樹高
ツル性でよりかかるものによる。
まとめ
水やりは普通。ただし乾燥に弱い。株元にマルチングをして乾燥を防ぐといい。
●2月に肥料を。
●開花後に剪定する。収穫後にも剪定していい。
●なにかに絡ませる。
●生育が早く、どこまでも大きくなるので、管理し切れないなら植えない。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
ただしムベは根が浅く、乾燥に弱いです。株元に日光が直接当たるような場所の場合はマルチングをして乾燥を防ぎます。
肥料
2月に寒肥として鶏糞をやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
春か秋。
植え付け方法
庭植えするものです。
庭植えの場合は50センチ深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。ツル性植物でなにかに絡ませないといけません。樹木か、フェンスかそういうものの近くに植えて誘引する。大きく育ってツルが結構な重さになるので、自信がないなら植えない方がいい。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
●株元に日光がガンガンあたると乾燥で生育不良を起こすので、翠雨場所を避けるか、株元をマルチングしましょう。
●樹木に絡まらせるとその樹木が日光を遮られて枯れることがある。

種子・挿し木
種子でも挿し木でも増やせる。
種子は秋に収穫したものを、果肉を洗い流してから撒くと春に発芽する。実ができるようになるまでは数年かかる。挿し木は3月に去年伸びた枝を3節ほど切って、葉っぱを半分以下にしてから土に挿していると発根します。
●果肉がついていると発芽しない。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
東北南部でも自生しているので大丈夫。ちなみにニホンザルが好んで食べて自生地を広げているらしいです。
日光を好む
日光を好み、日光が少ないと花が咲かず、実もならない。でも多少の日陰でも開花し、実をつけるので日陰でも大丈夫。

その他

この項目の修正・提案をする
剪定
花が終わった5月6月に邪魔な枝を切って、風通しを良くします。株元から出てくるツルや脇から出るツルは基本的には取り除きます。幹に風を通し、日光を入れる。これ以上伸びてはいけないという長さになったら、ツルの先を切ります。それ以上は伸びなくなります。秋に実がなるので、花を落とさないようにします。収穫後に剪定してもいいです。
●一年で1.5mも伸びる。どこまでも伸ばすととんでもないことになる。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
天皇に献上されていて、現在でも展示天皇を祀る近江神宮、靖国神社には献上している。天智天皇が食べた時に「むべなるかな!(もっともだ)」と言ったのが語源とも、「大贄(オオニエ=献上品)」が「オオムペ」「オオムベ」「ムベ」と訛ったとかなんとか。別名がトキワアケビ。トキワとは常緑のこと。ムベは冬も落葉しない。熟してもアケビのように割れないので、虫に食べられない。幼木の時は葉っぱ1組が3枚、それが徐々に5枚7枚と増えるので七五三の縁起木とも言われる。ちなみに葉っぱが7枚になると結実する(しやすい)。郁子と書いてムベと呼びます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

アケビ科の仲間


アケビ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用