アケビの育て方

TOP >アケビ科>アケビ【管理

アケビの育て方

アケビ
科名アケビ科
属名アケビ属
学名Akebia quinata
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

アケビとは?

アケビとは?
アケビは北海道以外の日本に自生するアケビ科の落葉性ツタ樹木。雌雄同株・雌雄異花。春(4月〜5月)に開花し、9月〜10月に実をつけます。日本に自生しているくらいですから、剪定くらいで、これといった手間もありません。暑さ寒さに強く、日陰でも育ちます。

果実の内部にはゼリー状の果肉に包まれた種子があり、果肉を食べ、種は吐き出します。

冬には落葉し、春に新芽を吹きます。アケビに似た果樹のムベならば、冬でも常緑、もちろん果実もつけます。

前の年に混合芽をつけます。混合芽とは、枝が伸びてその中に花芽が付く芽のことで、この混合芽を切り落とすと翌年に花が咲かなくなります。枝つきの花芽という感じでしょうか。この混合芽が出来る時期が、開花時期と結実時期の間にあるので、いつ剪定しても結果的に翌年の花芽が減ります。
花言葉才能・唯一の恋
アケビ苗
アケビ苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

鉢植えの水やり

水やり
根が浅く、比較的乾燥に弱い樹木です。鉢植えにした場合は春〜秋は水切れを起こさないように水をやってください。冬は活動が止まっているので、水やりを控え、土が乾いてから数日経って水をやる程度にします。

庭植えの水やり

庭植えにした場合は、根付くまでは毎日水をやってください。
一旦根付いてしまえば降雨だけで大丈夫ですが、日照りが続くようであれば水をやってください。

肥料

肥料は収穫後の10月〜11月に一回、化成肥料か有機肥料(油粕+骨粉)をやります。春の芽吹く前にもう一度、同様に肥料をやるとなおいいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

時期・頻度

落葉時期(休眠時期)の12月〜3月に植え付けます。
鉢植えの場合は1年か2年に一回、一回り大きな鉢に植え替えをします。

別種を2つ植えます

アケビは自家受粉できません。つまり1株では果実は出来ません。必ず別種をもう1つ植えてください。「アケビ」「ミツバアケビ」「ゴヨウアケビ」「白アケビ(バナナアケビ)」がありますので、この中から2種類を植えます。
アケビ苗
アケビ苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
三葉アケビ苗
三葉アケビ苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
五葉アケビ苗
五葉アケビ苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
バナナアケビ苗
バナナアケビ苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
ジャンボアケビ苗
ジャンボアケビ苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

用土

用土は一般的な培養土を使います。自作するのであれば赤玉土7腐葉土3を混ぜたものに化成肥料を足したものを利用します。
庭植えの場合は、掘り出した土に腐葉土か堆肥を2割ほど足して用土とします。

庭植え

鉢植えでも収穫は可能ですが庭植えがおすすめです。

庭植えする場合は、庭土を深さ30cm〜50cmを掘り返し、苦土石灰で中和させます。中和反応は10日ほどかかるので、10日ほど待って、土に対して2割〜3割の腐葉土か堆肥と、化成肥料を規定量入れ用土とします。土が水はけが悪いならばそこに川砂か軽石小粒を混ぜて、水捌けをよくします。

穴に半分の土を戻し、株を入れて、隙間に用土を入れて行って、水をたっぷりとやって完成です。

植えつけて3年か4年で結実するようになります。
苦土石灰
苦土石灰の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植え

最初に8号鉢に植え付け、徐々に大きく、植え替えていきます。

鉢底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで土が出ないようにしてから鉢底石(軽石)を2cmから3cmほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。
植え替えの場合は古い鉢から取り出し、土を落とさないで一回り大きな鉢を植えかえましょう。

棚を設置して誘引

アケビはツタ性で何かに絡ませる必要があります。鉢植えであれば、行燈支柱。庭植えであれば果樹棚・フェンス・トレリスなどを設置して、ここに誘引して絡ませます。
行燈支柱
行燈支柱の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
果樹棚
果樹棚の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
トレリス
トレリスの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
日当たりを好みますが、半日陰でも生育します。

人工授粉(4月〜5月)

別種を2株以上植えて、人工授粉します。花が咲いたら、別種の株の花の花粉を、筆でコチョコチョっとしてつけて持ってきて、受粉させます。全ての花を受粉させると、一つづつが小さくなって、甘くなくなるので、結実後に1株につき2個か3個になるように、生育が悪い果実は間引いて減らします。その後、1株あたり1個か2個に間引いてしまいます。

剪定

自生している状態でもしっかりと果実をつけますので、これといって剪定をしなくても大丈夫なのです。剪定をすると花芽を落とすことになり、花が咲かなくなるかもしれないのです。とはいえ、アケビは大きく育つツルなので、剪定をしなくてもいいのは庭が広い人の話で、場所が限られる場合は剪定をせざるを得ません。

夏の剪定

7月につるの先を摘芯して脇芽を増やすようにします。この時期は花芽ができているのですが、まだハッキリとはわからないかもしれません。少しつまんでみて、中身が詰まっている感じがするものは花芽なので、できるだけ落とさないように、適宜、切り戻し(敵芯)をします。

冬の剪定

2月の落葉時期に花芽がハッキリと判別できるようになってから、花芽が付いていない枝を、適当に樹形を整える程度に剪定します。

冬の剪定では、主幹が巻きつく前に切り誘引するということを繰り返して、希望の形へと仕立てていきます。株の下から出る枝は伸びる前に掻き切ってしまいます。棚仕立ての場合は棚の上まで伸びたらあとは、適当に誘引します。

棚に仕上げるならば、棚の上に伸びるよう誘引したらあとは、剪定は樹形を整えたり、風通しをよくする程度にします。その他の行灯仕立てやアーチ仕立ても同様です。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
アケビ科の植物。雌雄異花で雄花と雌花が咲きます。果皮の中の種子の周りの胎座(果肉)を食すと甘い。山で遊ぶ子供のオヤツというイメージですが、今食べてみるとそれほど甘くない。甘いものが無い時代というのもあるのでしょうが、現在流通しているお菓子が甘すぎるのかもしれませんね。
つた植物です
ツタで他の樹木に絡まって日光を獲得します。冬は落葉し、春になると新芽を吹きます。日本中の雑木林に自生しています。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

アケビのタグ

乾燥に弱い 果実 常緑

タグ「常緑」を持つ記事

ホワイトソルトブッシュ
ホワイトソルトブッシュ(ラゴディアハスタータ)の育て方
ヒユ科エイナディア属
ビヨウヤナギ
ビヨウヤナギ
オトギリソウ科オトギリソウ属
デグルートスパイヤー
デグルートスパイヤー(ニオイヒバ)の育て方
ヒノキ科クロベ属
サンタンカ
サンタンカ
アカネ科サンタンカ属

タグ「乾燥に弱い」を持つ記事

オウゴンコノテガシワ
オウゴンコノテガシワ(センパオウレア)の育て方
ヒノキ科コノテガシワ属
アスプレニウム
アスプレニウム(オオタニワタリ・シマオオタニワタリ)の育て方
チャセンシダ科チャセンシダ属
リグラリア・デンタータ
リグラリア・デンタータ(マルバタケブキ)の育て方
キク科リグラリア属
シノブ
シノブ
シノブ科シノブ属

タグ「果実」を持つ記事

トウガラシ
唐辛子(トウガラシ)の育て方
ナス科トウガラシ属
ユズ
ユズ(柚子・ハナユ)の育て方
ミカン科ミカン属
スポンサーリンク