クラウンプリンセスマルガリータ…ティー&フルーツの強い香・秋には咲にくい

TOP > バラ科 > バラ > 更新日

クラウンプリンセスマルガリータ(イングリッシュローズ )

クラウンプリンセスマルガリータ
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Auswinter
別名イングリッシュローズ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

クラウンプリンセスマルガリータの育て方

クラウンプリンセスマルガリータの育て方
文章の修正概要
バラ・クラウンプリンセスマルガリータ(Crown Princess Margareta Climbing )はバラ科のイングリッシュローズの品種。1999年に発表された。クイーンビクトリアの孫娘で造園家のスェーデンのマルガリータ皇太子妃に因んだ命名。花色は最初はオレンジで徐々に色が褪せて黄色になっていく。カップ型のロゼット咲き。しかも房咲き。枝がしなやかで低めのツルバラとしても育てられる。花が重くうつむいて開花するのでアーチなどに絡ませることが多い。四季咲きではなく、春にたくさん咲いて、秋には開花しにくい。カタログによると半日陰でも育つとされるが、やっぱり開花が鈍くなる。香りは強く、ティーとフルーツの香りがする。植え付け後しばらくは生育が鈍いが2年目くらいからはよくツルが伸びるようになる。トゲが少ない。枝は硬く折れやすいので誘引時には注意して取り扱う。
剪定で半分に切り戻す。
性質繰り返し咲き ロゼット咲き 花壇 鉢植え 耐病性(黒星病・ウドンコ病) 初心者向き トゲが少ない
花径10cmティー・フルーツ 強香
樹高275cm横幅325cm
樹形シュラブ樹形のツルバラ寄り ランブラー樹形(ランブラローズ) 半横張り性
作出者デビット・オースチン

関係記事・人気記事

バラ

バラバラ
バラ科
(バラ属)

フロリバンダ

フロリバンダフロリバンダ
バラ科
(バラ属)

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめ

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめミニバラの植え付け・鉢増のまとめ
バラの栽培

ツルバラ

ツルバラツルバラ
バラ科
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用