ムンステッドウッド…古い枝でも開花し樹勢が強くので強剪定しないと抑えられないイングリッシュローズ

TOP > バラ科 > バラ > 更新日

ムンステッドウッド(イングリッシュローズ )

ムンステッドウッド
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Ausbernard
別名イングリッシュローズ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

ムンステッドウッドの育て方

ムンステッドウッドの育て方
文章の修正概要
バラ・ムンステッドウッド (Munstead Wood)はバラ科のイングリッシュローズの品種。2008年の作出。「ムンステッドウッド」はイギリスの園芸家で作庭家のガートルート・ジーキル(1843-1932)が大半を過ごして執筆したサリー州のガーデンのこと。
濃い深いクリムゾンレッドのディープカップ咲きから開くとシャローカップ咲き(もしくはロゼット咲き)になっていくと黄色いシベが見える。3輪から5輪ほどで房咲きする。枝がしなやかで花はうつむき気味。耐病性(黒星病・ウドンコ病)があり、手間がかからない。トゲが多い。暑さに弱く、夏に乾燥と高温から葉っぱが黄色になりやすいので、夏を思うと庭植えが適している。
冬の剪定で元の高さの3分の1ほどに強く切り戻しても、ちゃんと元に戻るほどに樹勢が強い。逆に強めに剪定しないと乱れて大変なことになる(トゲもあるし乱れると面倒)。夏の剪定でも強めにするとよい。古い枝でも開花しやすい。
性質四季咲き 八重咲き ロゼット咲き カップ咲き 花壇 鉢植え 耐病性(黒星病・ウドンコ病)
花径10cmダマスク フルーツ 強香
樹高100cm横幅75cm
樹形シュラブ樹形 半横張り性
作出者デビット・オースチン

関係記事・人気記事

バラ

バラバラ
バラ科
(バラ属)

フロリバンダ

フロリバンダフロリバンダ
バラ科
(バラ属)

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめ

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめミニバラの植え付け・鉢増のまとめ
バラの栽培

ツルバラ

ツルバラツルバラ
バラ科
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用