ボスコベル(イングリッシュローズ)

TOP >バラ科>薔薇>>管理

ボスコベル(イングリッシュローズ )

ボスコベル
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Auscousin
別名イングリッシュローズ
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ボスコベルの育て方
  2. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ボスコベルの育て方

ボスコベルの育て方

ボスコベルの育て方
文章の修正概要
バラ・ボスコベル(Boscobel)はバラ科イングリッシュローズの品種。2012年に作出。イギリスの歴史的建造物を保護する目的で設立された組織の「イングリッシュ・ヘリテイジ」が所有するボスコベルハウスというのがあります。ボスコベルハウスは1632年に建てられたシュロップシャーの建築物。1651年に起きたウスターの戦いで、クロムウェルの議会派に皇太子のチャールズ2世はボロ負けしてシュロップシャーのボスコベルハウスへと逃げ込んだ。ボスコベルハウスの所有者はカトリックだったので皇太子一派を匿ったものの、結局、ハウス内にまで議会派に押し込まれたため、逃走。皇太子は一晩、この近くの樫の木に隠れてやり過ごしたことを受けて、この樫の木は「ロイヤルオーク」と呼ばれるようになり、オークはイギリス王権のちょっとした象徴となっている。

赤いツボミから徐々に開くとカップ咲きになり、深いサーモンピンクのロゼット咲きになる。1輪から3輪で房咲きし、重さで花がうつむく。夏は暑さで弱るので、できれば西日を避けたい。しなやかに伸びるので自然樹形でツル樹形に近くなるが、小さくまとめるのもあり。一般的には1m前後に抑える。四季咲きに近いほど返り咲きして、よく開花してくれる。鉢植えでもよく開花する。樹勢が強く、耐病性があり、育てやすい。花色が非常に魅力的。
剪定で樹高の半分ほど切り戻すといい。
性質四季咲き 返り咲き ロゼット咲き カップ咲き 花壇 鉢植え 耐病性(黒星病・ウドンコ病
花径8cmミルラ 中香
樹高125cm横幅75cm
樹形シュラブ樹形 半直立性(ツル樹形に近い)
作出者デビット・オースチン

スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

バラの咲き方のタイプ別まとめ
バラの栽培
ミニバラ
バラ科
オリビアローズオースチン
バラ科バラ属
イングリッシュローズ
バラ科バラ属
バラの癌腫病
バラの栽培
モッコウバラ
バラ科バラ属
セプタードアイル
バラ科バラ属
イヌバラ
バラ科バラ属
ザポエッツワイフ
バラ科バラ属
ジュードジオブスキュア
バラ科バラ属
クレアオースチン
バラ科バラ属
グラハムトーマス
バラ科バラ属
フロリバンダ
バラ科バラ属
バラの病害虫とその薬剤の一覧・まとめ
バラの栽培
シャーロットオースチン
バラ科バラ属
ツルバラ
バラ科
モーティマーサックラー
バラ科バラ属
レッチフィールドエンジェル
バラ科バラ属
テスオブザダーバービルズ
バラ科バラ属
薔薇
バラ科バラ属
スポンサーリンク