特徴・由来・伝承…パンジーが生まれた経緯などまとめ

TOP > スミレ科 > ビオラ > ビオラ・パンジーの管理 > 更新日

パンジーの特徴・由来・伝承

文章の修正
寒さに強いですが、暑さに弱く、5月前後に枯れてしまいます。草丈の低い一年草です。夏までには枯れてしまいます。夏越しもできなくない(らしい)ですが、普通はしません。木の根元に植えることで雑草を抑制する性質があります。寒冷地では開花は春以降。そのほかの地域では冬から開花します。花色が多く、一つの花に複数の色合いがあったり、花の形状も多種あります。花言葉は「思慮深い」「私を思って」。

歴史
19世紀に品種改良が進み、生まれたのが「パンジー」です。元となった品種は「ビオラ・トリコロル、ビオラ・ルテア、ビオラ・アルタイカ、ビオラ・コルヌータ」の4種。現在ある品種は何度も品種改良されて、どういう経緯で生まれたのかはよく分からないほどです。元となった4品種名に「ビオラ」とあるようにビオラが「スミレ科スミレ属」の学名で、本来はパンジーはビオラの中の「品種の一群の名前」でした。今はゴチャゴチャですけどね。

パンジーの語源は「パンセ」…物思いにふける、という意味です。蕾が俯いている様子が物思いに耽る様子に似ていることから付けられた名前です。色あい、大きさ共に多々あり、数千種あるとも言われますが、元々は1813年頃、イギリスで園芸家のトンプソンによって野生から品種改良を重ねた結果生まれた「トリコロール」が始まりと言われています。このトリコロールから生まれた品種群はheartsease(ハーツイーズ)とも呼ばれます。ハーツイーズとは「心の平和」という意味です。

現在では小さな花の品種が人気ですが、パンジーが生まれた後しばらくの間は「大型のパンジー」の開発競争が進みました。19世紀の中頃には花の大きさが4センチのパンジーが生まれ、これを「ショウ・パンジー」と呼びました。「ショウ」は綴りでは「SHOW」です。観賞用という意味ですね。この辺りが「ビオラとパンジーの境目は花の大きさが4センチ」と言われる所以です。19世紀の終わりにはパンジーの中心に「黒いブロッチ」のあるものが開発されました。今ではあんまり人気が無いブロッチですが、当時はもてはやされました。その後、スイスで開発された「スイス・ジャイアント」は花が8センチ。アメリカで開発された「ジャンボ」は花が10センチ。戦後の日本で開発された「マジェスティック・ジャイアント」は花が12センチと肥大化していきます。なんか時代を感じますな。現在は中輪・小輪が中心になっています。
ちなみに本来のパンジーは寒さに当たって日が長くなってから開花するもので、現在のように、冬でも開花する性質はこの品種改良の中で獲得したものです。こう考えると人間の植物に対する欲望は果てしないなとつくづく思うのです。

パンジーとビオラの違いは曖昧
パンジーという名前はスミレ属全体を現すことが多く、パンジーとビオラの違いはありません。一般的には花が大きいものをパンジー、小さいものをビオラと呼ぶことが多いです。ところが小さめのパンジーなどというものがあります。親株が「パンジー」だったから「小さめのパンジー」なのでしょうが、もう「大きめのビオラ」と「小さめのパンジー」の差なんて何もありません。というかガーデナーにとっては、どうでもいいことです。

関係記事・人気記事

ビオラ

ビオラビオラ
スミレ科
(スミレ属)

ムーランフリルルージュ

ムーランフリルルージュムーランフリルルージュ
スミレ科
(ビオラ属)

キラキラ星

キラキラ星キラキラ星
スミレ科
(スミレ属)

虹色スミレ

虹色スミレ虹色スミレ
スミレ科
(ビオラ属)
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用