春の定番

MENU
使い方 TOP
ガーデニング基礎知識・雑学>春の定番

冬に植えて、春に咲いて枯れる

冬に植えて、春に咲いて枯れる
この項目の修正・提案をする
日本の夏は暑い、そして冬は寒い。
これほど極端に寒暖に振れる地域――つまりハッキリと四季がある地域は意外と少なく、これが植物にとって非常にストレスになります。春に咲く植物の多くが、冬に植えて、春に花が咲いて、夏までに枯れると言うサイクルを繰り返します。

ここではそういったサイクルを繰り返す、春のガーデニング材の定番をあげています。
スポンサードリンク

オススメ抜粋

この項目の修正・提案をする
ビオラパンジー
これを抜きにして冬のガーデニングは成立しない、と思われるほどに定番中の定番。花ガラを摘むと、開花が促進されて次のツボミが咲きやすくなります。品種改良競争が激しくて毎年新しい花色・変わり咲き品種が出ます。定番過ぎて馬鹿にしがちですが、やっぱり便利です。
ムスカリ
開花期間が短いことと、目立たないことで、軽視されがちですが、環境によっては植えっぱなしで毎年、花を咲かせます。

注意点

この項目の修正・提案をする
ホームセンターなどで販売されている花鉢も、温室で作られていることがあり、すぐに寒さに当てると枯れることがあります(例:プリムラ類、サイネリア、チューリップ)。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ガーデニング基礎知識・雑学の仲間


ガーデニング基礎知識・雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用