チューリップの育て方

MENU
TOP>ユリ科>チューリップ
スポンサードリンク

チューリップ(鬱金草)

チューリップ
科名ユリ科
学名Tulipa gesneriana
別名鬱金草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


まとめ
●花が終わったら花を茎の根元から切る。
●花が終わっても葉っぱは切らない。
●暖かいと花がすぐに開く。花の管理は涼しいところで。
●庭で寒さに当てて育てたものは寒さに強い。
水やりは土が乾いてから。水のやりすぎは根腐れを起こす。
●植えるときは密生させた方が咲いたときに綺麗。
●夏は掘り起こすか、鉢に植えっぱなしにして日陰で管理。
●夏は水をやらない。



生育サイクル
秋に球根を植え、春に花が咲き、夏には地上部が枯れます。夏に球根を掘り起こし、風通しのいい日陰で管理して置いて、秋にまた植え付けをします。
花が終わったら茎ごと切ってください
来年も育てる場合は、来年のことも考えて、花が傷んできたら茎を切り落としてください。その際、葉っぱは切らないで下さい。葉っぱは光合成をして球根に来年への栄養をためる役割があります。

掘り起こすのは葉が枯れてから
鉢植えの場合は植えっぱなしで

葉っぱが枯れたら、球根を掘り起こして土を払い、風通しのいい日陰で管理してください。葉っぱが黄色く変色して枯れるまでは掘り起こさないで下さい。鉢植えの場合は、そのまま植えっぱなしで水をやらないようにします。水をやると球根が腐ってしまいます。
スポンサードリンク

水やりと肥料


乾燥に弱いので水はまめに
土が乾いていたら水をしっかりとやります。土が濡れていたら水はやらないでください。乾燥に弱いので、気を付けてください。鉢植えの場合は鉢の底から水が染み出すくらいにやってください。

鉢植えの場合は夏は水をやらない
気温があがり葉っぱが黄色くなり地上部が無くなったら休眠期間です。鉢植えの場合は植えっぱなしのままで水をやるのを止めます。水をやると球根が腐ります。

秋に植えてから芽が出るまで時間がかかり
水やりを忘れがちになります

10月に球根を植えますが、植えてから、芽が出るまで相当時間が掛かりますので、諦めないで水をやってください。球根から根っこを張り巡らせるまで時間が掛かります。

肥料
生育期間に液体肥料を10日に一回程度あげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き


球根は10月中に植えるのがベスト。地域によっては11月以降だと寒さで球根から根が張れなくなることもあります。

用土
水はけのよい土を好みます。鉢植えで植える場合は、市販されている花と野菜の土で植えます。庭植えの場合は、あまり粘土質で水はけが悪いようであれば川砂を混ぜて水はけをよくしてから植えてください。
庭に植える場合は、土に腐葉土堆肥を混ぜ込んでおきます。

植える深さ
球根の三倍の深さの穴を作って、球根を入れて、球根の高さの二倍の土を被せます。

植え付け後の水やりをしない!
植え付けしたら、普通は水をやりますが、そのままにしておきます。病気を予防する為です。

群生させるのがキレイに楽しむコツ
よく球根同士は10センチ離すとか球根一個分か二個分離すと書いてありますが、球根一個に付き花が一個か二個しか咲かないので球根をぴったりとくっ付けて植えた方が、咲き乱れてキレイに見えます。
●同一品種ばかり植えると一斉に咲いて、一斉に散るので、散った後に寂しい。早咲きと混ぜて開花をズラす。
●チューリップだけでなく、ムスカリビオラやその他の春咲植物を植えたほうがいいです。
●球根の表面から刺激物が出ているので素手で触らないように。参考:毒の花束
●庭に植えるときに、チューリップと一緒にネモフィラの種をまいておくと、チューリップの間に小さなネモフィラの花が咲いて、見栄えが良いです。

根が伸びてからの植え替えはしない
チューリップは根が折れると戻りません。なので一旦植えた後は移植しないでください。移植して根が折れると生育不良を起こし、開花しなくなったり傷んだりします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


寒さに当てないと花が咲かない
寒さに当たらないと花が咲かないので、日当たりのいい戸外で寒さに当ててください。そのとき、余りに寒風が当たる場所は避けてください。乾燥しすぎて生育不良になります。

日当たりで
日当たりのいい場所に置いて日を当ててください。日が当たらないと花が咲かない場合があります。ただし、ツボミが色づいたら半日陰に移動させます。暖かい日当たりで管理していると一気に咲いて開花期間が短くなります。

ギフトで貰ったとき
お花屋さんで鉢植えになって売ってるチューリップは寒さに弱いです。ちょっと管理方法が違うので以下のリンクを参照にしてください。

その他

鉢植えは3月まで
12月くらいから、ギフト用の鉢植えチューリップが出回るようになり、3月上旬でチューリップは出荷が少なくなります。春の花というイメージから「入学のお祝」にプレゼントしようと思う人がいるのですが、4月前後になると気温が高すぎて長持ちせず、ギフトには向かなくなります。

開花後は雌しべを折る
花が終わった後に雌しべを放置していると、栄養を種子に送ろうとします。雌しべを折るとそれを防げます。もしくは茎を根元から切ります。切り花として室内で楽しむのも手です。

病害虫と対応の農薬
褐色斑点病→アフェットフロアブル・ダコニール1000
球根腐敗病→トップジンM水和剤・ベンレート水和剤
灰色カビ病→アフェットフロアブル
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


名前由来ははトルコでターバンを意味する「テューリパ」が由来です。トルコ駐在の新星ローマ帝国大使が「これは何という植物か?」と聞いたところ、トルコ人が形を尋ねているのだと勘違いして「ターバンです」と答えたことから間違って伝わったのが元々といわれる。ところで、中近東ではチューリップは「ラーレ」と呼ばれている。

聖書に出るユリ・バラはチューリップだと言われています。似たような話でアダムとイブが食べるリンゴはイスラエル付近では育たないために元々は「ザクロ」だったといわれています。
●ファルハドという青年は村長の娘シーリーンと恋をしていた。村の井戸が枯れたのでファルハドは井戸を掘り始めた。あまりに我を忘れて井戸を掘ったので、水は沸いたのだけども、気が付くとシーリーンは死んでいた。悲しんだファルハドは崖から飛び降り死んでしまう。そのとき流れた血がチューリップになった(ペルシャの伝説)
●美しい少女に三人の騎士が球根した。3人の騎士はそれぞれ王冠・剣・財宝を差し出したが、誰も選べず悩んだ少女は花の精に頼んで姿を変えてもらった。それがチューリップとなった。なので王冠の花・剣の葉・財宝の球根を持っている(オランダの民話)。
●商品先物取引のさきがけとなったのがこのチューリップ。17世紀初頭にオランダで栽培の始まったチューリップが投機の対象になり、瞬く間に庶民にまでバブルが広がった。話によると、珍しい一個の球根がビール工場と交換されたことも。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

チューリップの関連記事

チューリップの日記

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用