チューリップの庭植えの手順やコツなど

MENU
TOP>チューリップの管理>チューリップの庭植えの手順やコツなど
スポンサードリンク

チューリップの庭植えの手順やコツなど


チューリップは10月か11月の気温が15度以下になったあたり…寒くなってから植え付けをします。このページでは「チューリップの庭植え」の植え付けについてをまとめています。鉢植えの植え付けや、通年の育てかたなどはチューリップを参考にしてください。
まとめ
●庭土は石灰で中和すること。
●土に腐葉土堆肥を混ぜてよくかき混ぜてフカフカにすること。
球根同士は10センチ話すのが普通。ただし、密生させた方が綺麗。

球根について

球根を選ぶ
去年の球根を植えるのでなければ、新しい球根を購入することになります。球根は大きく、重いものがよく開花します。また茶色の外皮が艶やかで綺麗であることも大事です。外皮が痛んでいたり、内部の球根が傷んでいるようであれば、避けましょう。
●球根の大きさは品種によって違います。球根が小さな品種は、小さくてもしっかりと開花するので、同じ品種だったら、大きくて重いものを選ぶようにすればいいです。

庭土を作る


中和する
植物を育てるにはまず「土」です。チューリップを植える場所の土を深さ20センチから30センチほど掘り返し、そこにまず「苦土石灰」を混ぜます。別に石灰でもいいです。石灰を混ぜて土を中和させます。チューリップは「アルカリ性」の土を好みますので、必ず石灰で中和させてください。無理にアルカリ性にするのではなく、中和で十分です。中和させればチューリップは育ちます。
●石灰と堆肥などが化学反応を起こしてしまうので、石灰を混ぜてから一週間ほど放置してから、堆肥などを混ぜてください。

有機肥料を混ぜる
腐葉土か堆肥を1平方メートルあたり500gほど混ぜ、また化成肥料を適量混ぜます。さらに鋤(スキ)などでよく混ぜて、土をフカフカにします。フカフカの方がチューリップが根を張りやすいです。
スポンサードリンク

植え付けの準備


土をあげる
30センチほど掘り返して混ぜた土の上部分の15センチを掘り出し、取り除き、平らにします。その平らなところに、チューリップの球根を置いていきます。

植え付け


球根を置く
球根と球根の間は10センチほど。ただし、チューリップは一個の球根から一個の花しか咲きませんから、間を開けるとスカスカになります。そこで密生させると綺麗に見えますから、10センチより近づけてもいいです。
●一般的に、球根は同じ品種のものをまとめて植えます。
ムスカリを一緒に植えると綺麗です。ムスカリは3センチの深さのところに植えるので、チューリップと深さが違う(チューリップは15センチ)。

土をかぶせる
掘り出した土を元に戻します。
あとは水をやって完成です。

おまけ


チューリップの球根は上から見ると「円」ではなく楕円になっています(一方がペタンコ担っている)。楕円の長い方に葉っぱが伸びやすいです(絶対ではない)。そこで球根の楕円方向を揃えて植えると、全体的に葉っぱの向きを揃えて、重ならないようにして、咲かせることができます。
●葉っぱが重なると光合成の効率が悪いので、重ならない方がいいです。来年のためにも、余裕があれば向きを揃えて葉っぱが重ならないようにしてあげてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

チューリップの管理の仲間


チューリップの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用