10月のチューリップの栽培・作業

MENU
TOP>チューリップの管理>10月のチューリップの栽培・作業
スポンサードリンク

10月のチューリップの栽培・作業


気温が15度以下になると、チューリップは発根します。なので10月が大抵の地域のチューリップの植えどきです。11月に植えてもいいんですが、11月はさらに寒くなって霜がガッツリと降りるようになると、ガーデニング作業が辛いです。なので10月に植えた方がいいです。あと、15度以下になるなら10月じゃなくてもいいです。
まとめ
●10月はチューリップの植え付け時期。
●15度以下になると球根が発根するので、それを目安に。
●寒冷地では10月中には植える。
●暖かい地域では多少ずれ込んでも問題ない。
●植え付けの方法は以下のリンクを参考に。

水やりと肥料


水を欲しがる
チューリップの庭植えでも鉢植えでも、地上に全く葉っぱが出ていないのですが、それでも乾燥させると生育しなくなるので、完全には乾燥しきらないように水をやってください。
庭植えでも鉢植え(プランター植え)でも、一週間に一回は水をやるようにします。冬の間、ずっと水をやってください。
●乾燥させると花芽が枯れることすらあります。そこで鉢植えの場合は、水をやってビニール袋をかけてやって保湿すれば、水やりは一ヶ月に一回程度で済みます。
暖地で庭植えにしていると、気温が高くて水が蒸発しやすく、乾燥して球根がダメになりやすいです。そこで腐葉土やワラでマルチングをして乾燥を防ぎます。

肥料
植え付けの時に緩効性肥料を混ぜているので、それだけで十分です。一般的な培養土や、チューリップ専用の土には、前もって肥料が入っているのでそれで十分です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

10月になるとチューリップの球根の下部分…とんがってない側がぷっくりと膨らんできます。これは発根する準備が出来ている証拠です。もしも夏に掘り上げた球根を植える場合、小さなものは開花せず、大きな球根だけが開花します。小さな球根は、春に葉っぱを出して葉っぱで光合成して球根を太らせて、来年に開花します。なので小さな球根も植えないと来年開花しません。
どーしてもチューリップの花でいっぱいにしたい場合は、小さな球根は廃棄し、不足する球根は新たに購入します。この辺りは各家の庭の事情がありますので、なんとも。鉢植えの場合は、素直に購入して太った球根を植えた方がいいですよ。

15度で発根する
チューリップは10度から15度になると発根に適した気温になります。その後、冬に入り10度以下になって寒さを経験し、目を覚まして葉っぱを出します。この冬までの一ヶ月二ヶ月に根を出していることが大事です。

庭植え・鉢植えの具体的な方法は以下のリンクを参考にしてください。
庭植えの場合

鉢植えの場合

管理場所・日当たり

乾燥と寒さ
これからのチューリップの球根は乾燥を嫌います。しっかりと乾燥しないように水をやり、また、寒さにも当ててやります。チューリップは夏の高温で花芽が出来て、冬の寒さに会うことで目を覚まして活動し始めます。寒さに当たらないと、芽が出てきません。寒さには当てないといけないんですが、土が凍ってしまうと球根が枯死します。土が凍らない程度の寒さの場所に置いておきます。
●1月あたりに花の鉢が出回るのは寒さに当てた後に温室で育てたからです。

庭植えの場合で、土が凍る地域は、腐葉土やワラを被せてマルチングして土の凍結を防ぎます。ちなみに、暖地では気温が高すぎて乾燥するので同様にマルチングをして乾燥を防ぎます。
スポンサードリンク

その他

球根は選ぶこと
球根を植える時に、汚いものや、傷の入っているものは廃棄し、植えないようにします。その球根が何かの病気に感染していた場合、近くの球根まで感染することになるからです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

チューリップの管理の仲間


チューリップの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用