12月のチューリップの栽培・作業

MENU
TOP>チューリップの管理>12月のチューリップの栽培・作業
スポンサードリンク

12月のチューリップの栽培・作業


12月になり寒さが本格的になります。チューリップはまだ土の中です。しかし、土の中ですでに新芽をニョキニョキと伸ばしていて、1月の下旬から2月あたりには地表に芽が見られるようになります。12月はまだ変化がないか、薄いですが、着実に開花に向けて動き出しています。
ちなみにまだ12月は「植え付け可能」な時期です。ただし…11月でも書いたんですが…寒すぎて球根には植え付け可能でも、人が辛いですので、10月には植えつけるようにしましょう(来年の参考に)。
まとめ
●庭植えの場合は水やりは不要。
●鉢植えの場合は乾燥しきらないように水をやる。週に一回程度。
●寒さに当たって活動するようになる。
●寒さに当てるが、霜柱や凍結は苦手なので、戸外の軒下などへ。
●12月でも球根の植え付けはギリギリ間に合う。

水やりと肥料

庭植えの場合
12月に植え付けた場合以外は、もう水やりは不要。
鉢植えの水やり
土が乾いていたら水をやります。鉢植えはどうしても保水力が弱いために放置していると乾燥気味になります。チューリップの球根を乾燥させると枯れてしまうので、乾燥させないように、週に一回は水やりをします。
肥料
肥料はやりません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

まだ12月は植え付け可能な時期です。チューリップは冬の寒さに当たって活動を始めるものなので、まだギリギリ大丈夫。ただ寒さで凍えて辛いです。

庭植え・鉢植えの具体的な方法は以下のリンクを参考にしてください。

スポンサードリンク

管理場所・日当たり


寒さに当たって目を覚ます
チューリップは寒さに当たって目を覚まし、1月下旬に地表に顔を出します。庭植えの場合は、嫌が応にも寒さに当たるんですが、鉢植えのチューリップを室内に取り込んでしまうと、寒さに当たらず中途半端な感じになります(なんかヒョロっとしている)。また、寒さに当てて育てたチューリップは寒さに強くなるので、そういう目的でも寒さに当てておくべき。

しかし、霜柱・凍結はだめ
霜柱が発生すると地表の土が凍って持ち上がります。もしもチューリップを浅く植えていると霜柱で球根が持ち上がって根が切れてしまいます。チューリップの根は切れると再生できませんから、枯れてしまう原因になります。
また、土が凍結すると球根が死んでしまいます。

どちらも「深く植える」ことで予防できます。土の中は暖かく、凍っているのは地表に近い部分だけだからです。
すでに浅く植えてしまった場合は、上に腐葉土・ワラなどを敷いてマルチングをすることで霜柱・凍結を予防できます。

鉢植えの場合は、軒下など霜柱が降りない場所に移動させます。土が凍結するほどの寒さの場合は室内の寒いところに移動させます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

チューリップの管理の仲間


チューリップの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用