8月のチューリップの栽培・作業

MENU
TOP>チューリップの管理>8月のチューリップの栽培・作業
スポンサードリンク

8月のチューリップの栽培・作業


何もすることはないが大事な8月
すでに掘り上げて、涼しいところで管理しているはずです。8月は水やりも何もすることはありません。植え付けは10月です。ただし、球根内部では変化が起きています。8月の乾燥と高温に当たって花芽分化をしているのです。大事なのは「乾燥と高温」です。だから雨に濡れてはいけないし、涼しすぎてもいけません。
まとめ
●たまに貯蔵している球根を腐ってないかチェックする。
●8月は乾燥と高温で球根の中に花芽(花となる部分)ができている。
●20度以下の場所で貯蔵すると花芽ができない。
●やることはない。

水やりと肥料

水やりはありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けは10月ごろです。

管理場所・日当たり


適した温度は25度
チューリップは高温と乾燥を乗り越えることで、花芽を分化させます。その高温というのが大体23度以上。理想的な温度は25度で、それ以上になると弱ってしまいます。
富山とトルコ
ところで、チューリップはトルコからヨーロッパに渡り、品種改良を受けたものが日本に伝わっています。そもそもの出身てのがトルコなんですね。トルコって実は日本でいうと東北くらいの緯度なんです。富山でチューリップを栽培するのはトルコと気温が似ているからなんですよ。

で、日本というと夏は暑い。30度以下なんてことはありません。その上、湿度が高い。チューリップの球根はできるだけ風通しの良い・涼しい・日光の当たらない・雨の当たらない場所で管理しなくてはいけません。
20度以下だと花芽ができない
この8月の休眠時期に花芽を作るのですが20度以下になると花芽分化をしなくなります。なのでいくら「涼しくて乾燥している」からって冷蔵庫に入れて管理しないでください。
●オランダは夏でも涼しいために、夏に高温状態を作って花芽を作っています。
スポンサードリンク

その他

腐ってないかチェック
チューリップが生育する地域の高温時期は乾燥しているのが普通です。しかし、日本の夏はとにかくジメジメしています。球根の貯蔵にはあまり適していない環境です。いくら風通しの良いところで管理していても、球根が蒸れて腐ってしまうことはあります。
そこで、二週に一回程度でいいので、中身を見てチェックします。変色して腐っているものがあれば、取り出して廃棄します。そのままにしていると健康な球根までやられてしまいます。一夏を越える間に10%から20%は腐ってなくなると思ってください。

球根が腐りやすくなる理由を以下に挙げて起きます。
夏に球根が腐りやすくなる理由
●管理場所の風通しが悪い。
●雨に当たった。
●掘り出した後によく乾燥させずに貯蔵した。
●5月まで肥料をやっていた。土中に吸収できなかった肥料が残っていた。
●掘り上げるのが遅かった。
●掘り上げる前に、土の中で雑菌に感染していた。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

チューリップの管理の仲間


チューリップの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用