9月の作業…最高気温が15度以下になったら植え付けてもいい(チューリップ)

TOP > ユリ科 > チューリップ > チューリップの管理 > 更新日

9月のチューリップの栽培・作業

9月のチューリップの栽培・作業
文章の修正植え付けは10月。チューリップが根を張る温度は10度から15度。気温が20度以上だと根を張らず、ただ水に濡れて腐りやすいだけです。9月はまだ気温が高く、植え付けても無駄。もう少し、貯蔵して待っていましょう。

しかし、一方でチューリップの内部では次の開花への準備が出来上がり(=花芽ができたってこと)、内部から新芽がせり上がってきています。
まとめ
球根を継続して管理。
●植え付けは10月なのでやることはない。
●球根が腐っていないかチェックする。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正水やりはありません。
肥料はやりません。
まだ土に植えていませんから。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え付けは10月。ただし、最高気温が気温が15度以下であるならば、植え付けても大丈夫です。
早く開花させる
チューリップは乾燥・高温に会うことで花芽を作り、そして、その上で低温を経て、気温の上昇を感じると新芽を伸ばして開花します。なので早めに開花させるためには、意図的に低温に合わせることがコツになります。

店頭に並んでいるチューリップはこの時期から二ヶ月ほど5度の低温に当てて、12月に土に植えて、温室で開花させているので、本来のチューリップより早めに出回ります。だから2月・3月に流通するんですよね。ただし、1月2月を温室で過ごすために、購入して戸外の霜に当てると枯れます。一撃でしなびてほぼ復活しません。温室育ちで霜に耐性がないんですよ。
この方法を促成開花法といいます。一般家庭ではやっても、あんまり意味がないので普通はやりません。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正継続して管理
6月・7月・8月のチューリップの管理と同様に、風通しの良い・日陰・雨の当たらない場所にネットに入れて吊るしていてください。9月に入るとだいぶ涼しくなるので、球根は腐りにくくなりますが、それでもたまに腐るので、定期的に中を調べて腐った球根を取り除いてください。腐った球根を放置していると健康な球根まで腐ってしまいます。

関係記事・人気記事

チューリップの花後の処理と管理・掘り上げについて

チューリップの花後の処理と管理・掘り上げについて
[+[まとめ] ●花が終わったら、花は摘む。 ●葉っぱが黄色くなるまでは肥料をやり、水をやり、日光に当てる。 ●葉っぱが黄色くなったら肥料・水やりをやめる。 ●葉っぱが枯れたら掘り出す。 ●掘り出さなくてもい…

6月のチューリップの栽培・作業

6月のチューリップの栽培・作業
[掘り上げ作業] 6月に入ると気温が上昇し、チューリップは地上部の葉っぱも枯れてきて、休眠に入ります。6月は掘り上げる作業がメインとなる時期です。梅雨でもあり、雨が降りがちですが、掘り上げていきます。 […

5月のチューリップの栽培・作業

5月のチューリップの栽培・作業
5月になると遅咲きのチューリップ以外は開花が終わっています。 [+[まとめ] ●大体の開花が終わってしまう。 ●種子を取らないのであれば、子房を取り除く。 ●来年、今植えている球根を植える予定がなければ、球…

チューリップの庭植えの手順やコツなど

チューリップの庭植えの手順やコツなど
チューリップは10月か11月の気温が15度以下になったあたり…寒くなってから植え付けをします。このページでは「チューリップの庭植え」の植え付けについてをまとめています。鉢植えの植え付けや、通年の育てかたな…
管理用リンク
管理用