キンセンカの育て方

TOP > キク科 > 更新日

キンセンカ(カレンジュラ・金盞花・ポットマリーゴールド)

キンセンカ
科名キク科
学名Calendula
別名カレンジュラ・金盞花・ポットマリーゴールド
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

キンセンカ(カレンジュラ)の育て方

キンセンカ(カレンジュラ)の育て方文章の修正基本的に頑健で育てやすい植物です。特に「フユシラズ」という品種は霜にも雪にも負けずに花を咲かせます。開花期間中は次々に開花します。春咲き一年草で、夏までには暑さで枯れてしまいます。
育てやすい初心者向け園芸植物
キンセンカという名前で出回ったり、カレンジュラやフユシラズという名前で出回ります。カレンジュラがキンセンカの学名でキンセンカとカレンジュラは同じものです。寒さに強い宿根性のキンセンカが「フユシラズ」として流通します。このフユシラズは少々の霜に当たっても枯れずに花を咲かせますが、このフユシラズも夏の暑さで枯れてしまいますので宿根性といっても事実上の一年草扱いです。
まとめ
●寒さに強いとされるが、霜に当たると葉っぱが傷む。枯れるわけじゃないが見た目が悪くなる。霜には当てない方がいい。霜に当たらないように軒下で。
●日に当てる。
●開花期間中は次々に開花する。
●基本的に追肥はしないが、日が当たっているのに葉っぱが黄色いようならば液肥をやる。
●植え付けの時期は地域によって違う。
●寒さに強い「フユシラズ」という品種があって、最近はそれがよく流通している。

スポンサードリンク

キンセンカ(カレンジュラ)の品種

文章の修正品種
まどか・コーヒークリーム・フィエスタギタナ・カレン・中安・冬しらず(フユシラズ)・オレンジポーキュパイン・ホンキンセンカ

キンセンカ(カレンジュラ)の水やり

文章の修正冬も春も、土が乾いていたら水をタップリと与えてください。水をやりすぎると過湿で根が腐って枯れてしまいますので、土を触ってみて土が濡れている間は水をやらないようにします。受け皿の水は捨てるようにします。

キンセンカ(カレンジュラ)の肥料

文章の修正追肥はしない
植える際に遅効性(ゆっくりと効いてくる肥料)を混ぜ込みます。よくホームセンターなどで販売している「土」には肥料が入っているのでそれで充分です。
日光が当たっているのに葉っぱが黄色くなったら
植えたあと、葉っぱの色が悪いときは液肥を与えてください。

キンセンカ(カレンジュラ)植え付け・植えかえ

植える時期

文章の修正植える時期が地域によって違う
キンセンカ(カレンジュラ)は霜に当たると枯れるし、土が凍れば枯れるのに、暑さに弱いという結構ややこしい性格。で、地域によって植える時期と開花時期が若干違う。
暖地霜の降りない地域
9月種まき→9月10月苗植え→12月から4月に開花

中間地霜は降りるが土は凍らない
8月9月に種まき→10月苗植え→12月から5月に開花

寒冷地雪が深いか土が凍る地域
3月4月に種まき→5月苗植え→6月から8月に開花

用土

文章の修正用土
中性か弱酸性の土が適しています。酸性の土を嫌いますので、庭の土に植える場合は植え付ける一週間前までに苦土石灰を混ぜて中和させてください。日本は全国的に弱酸性の土なので、何も処理していないと必ず弱酸性の土になります。庭の土には3割ほど混ぜてください。
鉢植えにする場合は、花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。もしくは赤玉土腐葉土4と緩効性固形肥料を混ぜたものを利用します。培養土には最初から肥料が入っています。

植え方


文章の修正植え方
鉢の底の穴に網を敷いて土や石が流れ出ないようにして、軽石を2センチか3センチほど入れ、その上に土を入れて、苗を入れて、隙間に土を入れていきます。鉢を揺らすと隙間ができますので、その隙間に土を入れてを繰り返します。最後に水をやったら完成です。
●キンセンカを去年植えたところには植えないようにします。連作障害を起こす。一年間隔を開ければ問題無いです。
●株同士は、矮性種は15~20cm、高性種は25~30cmほど間隔を空ける。

キンセンカ(カレンジュラ)の管理場所・日当たり

キンセンカ(カレンジュラ)の管理場所・日当たり文章の修正日当たりで育てる
日当たりのいい場所で管理してください。日陰だと花付が悪くなります。生育温度は10度から15度。10度以下になると生育が止まります。10度以下になったからって枯れるわけじゃなくて、生育が止まるだけです。

冬は霜に注意

文章の修正耐寒性はありますが霜に当てないで
耐寒性がありますので、ある程度は寒さに当たっても大丈夫ですが、霜に当たらないようにしましょう。強い寒風にさらされるようであれば風除けがあったほうがいいです。
●霜に当たると傷みます。一発で枯れるわけではないんですが、葉っぱの先から傷んで株が弱ります。
●霜は葉っぱが「凍る」ので、葉っぱの細胞が壊れてしまいます。「寒さに強い」のと「凍結」は違うので注意。

フユシラズは
フユシラズはカレンジュラの耐寒性の強いものを掛け合わせたもので、霜に当たっても枯れません(傷まない)。マイナス10度かマイナス15度くらいまで耐えます。

キンセンカ(カレンジュラ)の病害虫

文章の修正ウドンコ病・ヨトウムシが発生します。ウドンコ病は風通しが悪いと発生します。
アブラムシ・マメハモグリガエにはベストガード粒剤を散布します。

キンセンカ(カレンジュラ)の由来・伝承

文章の修正クリュティエーはアポローンの恋人だったが捨てられ、太陽を見ながら悲しんで泣き暮らすうちに、彼女は死んでしまう。彼女はヒマワリになり、その花はいつも愛しい人の方(太陽=アポロン)を向いている。

この神話の花が「カレンジュラ(キンセンカ)」とされるのですが、現在は「ヒマワリ」とされています。ヒマワリがヨーロッパに伝わったのが1510年(スペイン)とされていますので、ヒマワリは後付でしょう。

カレンジュラの語源は「毎月一日」。長期間咲いているので。カレンダーの語源。

日本では観賞用ですが、欧米ではハーブとして扱われます。キンセンカの軟膏は皮膚の病気に効くと言われています。

関係記事・人気記事

カレンジュラ(キンセンカ)の種まき

カレンジュラ(キンセンカ)の種まき
[+[まとめ] ●種からカレンジュラ(キンセンカ)を育てることは普通はしない。 ●種まきの時期は寒冷地なら春、暖地と中間地なら秋。 ●発芽温度は15度から20度で4日から5日。もっと遅いかも。 ●用土は一般的な培…

ミニヒマワリ

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…

プラチーナ

プラチーナ(カロケファルス属)
[生育サイクル] 秋から冬に掛けて植え付けをして、冬、春と観賞して夏になると多湿に弱いために消えてしまうことが多い。冬から春のカラーリーフと割り切ってしまうと精神的に楽。 [意外と頑健で使いやすいカラー…

スマイルラッシュ

スマイルラッシュ(ヒマワリ属)
[育て方の概要] スマイルラッシュはヒマワリの品種。矮性で、露地植えにした場合でも丈は40cm程度。鉢植えだと30cmくらい。分枝しやすく、花が複数開花する。オレンジの花びらで中心は茶色(か黒)。花粉が出ない…
管理用リンク
管理用