キンギョソウの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>キンギョソウ
スポンサードリンク

キンギョソウ(スナップドラゴン・金魚草)

キンギョソウ
科名ゴマノハグサ科
属名キンギョソウ属
学名Antirrhinum majus
別名スナップドラゴン・金魚草
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


まとめ
●育てるのは簡単。
暖地中間地では前年の秋冬に植え、冬を越して春夏に開花。寒冷地では春に植える。暖地・中間地でも春以降に植えてもいい。
●土が乾いたら水をやる。
●花に水をやらないようにする。
●花が終わったら花を摘む。
●梅雨前に一度、根元近くまで切り戻し、蒸れ・夏の暑さ対策をする。
●夏は日陰・半日陰に移動させて夏越しさせれば秋にもう一回咲くかも。

秋~冬にかけて庭に植え、翌年の春から夏に掛けて花を楽しむ一年草扱いの植物。普通は夏に暑さで枯れてしまいます。といっても、本来は多年草で夏越しも出来ないわけではありません。
実質的な一年草
ところが、キンギョソウは株の寿命が短く、そのまま夏越し・冬越しをしても二年ほどで株が弱って枯れてしまいます。多年草なのですが、一年草と考えて差し支えないです。
矮性か高性か
矮性といって小さくまとまるガーデニング用の品種もあれば切花用に草丈が高くなる品種もあります。このメリットは「かわいい」のもありますが、支柱が不要なこと。高性のにょきにょき生えるタイプは支柱が必要ですが、高性はボリュームがあって庭に映えるので捨てがたい。
●花が割き終えると花の茎を切り戻すことで脇芽が出て次の花が咲きやすくなります。
●花をそのままにしていると種子が出来ます。こぼれダネで翌年芽を出すことがありますが、種子を作ると次の花が咲きづらくなります。種子を作らせる場合は秋以降の花にしましょう。
●梅雨前に夏越し対策のために、地表15センチを残して切ってしまいます。すると秋にはまた咲きます。
●キンギョソウの種子が髑髏(ドクロ)に似ているという話がネットで話題に。種子は普通の粒粒なのでドクロなのは種子が入っている部分のこと。
スポンサードリンク

水やりと肥料


水をやるときに花に当たらないようにします。花に当たると花が傷んですぐに枯れてしまいます。水をやるときは根本に注ぐように水をやってください。

水やりは土が乾いてから
水やりは土が乾いていたらやってください。キンギョソウは過湿に弱く、土が濡れているうちに水をやっていると、根が腐って枯れてしまいます。
●水をやってもやっても、水切れしやすいなら根詰まりを疑います。鉢底から根が出ていませんか? 鉢から抜いてみたら、白い根がとぐろを巻いていませんか?? 植え替えを検討します。

肥料
秋と春に肥料は1000倍に薄めた液肥をやります。油粕などの窒素肥料をやると葉っぱばかりが育って、花が咲かないので、液肥の方が無難です。もしくは緩効性肥料をやります。
●濃い肥糧をあげると、株が弱ってしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土と植え付け時期
市販されている花と野菜の土で植え付けをします。もしくは赤玉土腐葉土3川砂1を混ぜたものに堆肥を混ぜて植えつけます。秋に植える場合は霜が降りる前に植えます。霜が降りる一ヶ月前までに植えると霜の耐性があがります。

土が凍るような寒冷地では秋に苗を植えたり、種を撒いても枯れてしまいますので、春に植えます。
●市販されている苗は、冬でも販売上花が咲いているものやツボミがあるものを売っています。本来の開花は春から秋です。
●植え付け後につけた花は開花すると一週間くらい咲きます。環境の変化のストレスが原因。なので購入時についている花・ツボミは植え付け時に敵芯してしまう方がよいです。心が痛まなければ。

種蒔・挿し芽について
●発芽温度は15度~20度。土をかぶせない。土をかぶせると発芽しない。種子は乾燥させないようにする。
●種まきは9月・10月。寒冷地は春に出回る苗を植えたほうが良いです
●切り戻しした茎を土に挿していると簡単に増えます。株分けでも増えます。
●花束など花屋の切花でも増えます。

植え替え
鉢から引っこ抜いて、株分けして、新しい鉢に分けて植え替えをします。用土は培養土。難しくありません。キンギョソウはかなり強い植物です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

冬は霜よけがあった方がいい
霜に当たると枯れることもあります。一旦弱っても徐々に復活しますが、強い寒波が来て寒い日が長く続くと、枯れることがあります。軒下や何か霜よけがあったほうが無難です。
●霜は4度以下で発生しますが、0度から4度程度の寒さなら金魚草は枯れないしダメージもほぼないです。しかし、0度以下の霜に頻繁に当たると葉っぱが痛み、徐々に弱ってしまいます。
●霜が降りる中間地くらいならば、霜よけはなくていいです。面倒ですし普通はしません。

春以降は日当たりで
春以降は日当たりで管理します。夏は直射日光が当たった花の部分が茶色く枯れてしまいますので、夏越しさせる場合は半日陰か日陰に移動させます。

その他

おまつりきんぎょが人気。
病害虫
灰色かび病、立枯病が発生します。水のやりすぎ・風通しが悪いと発生しやすいので、水を控えめにし、傷んだ葉っぱを摘むようにします。

アブラムシも発生します。害虫が発生したら、すぐに対応の農薬を散布します。

特徴・由来・伝承

花が金魚のようであることから、キンギョソウという名前となりました。金魚といってもデメキンなんでしょうね。ところで、英語ではスナップドラゴン…竜のアゴ。同じ花を見ても文化圏によって捕らえ方が違うといういい例。ちなみに花屋さんと生産者は略して「スナップ」と呼びます。

見た目が繊細ながら、実は頑健。種が出来ないよう処理していないのであれば種が出来て、こぼれダネで増えます。秋撒きの一年草扱い。一般的には冬に苗を植えて春に花を楽しみます。夏には暑さで枯れることが多いですが、夏越し出来ないわけではありません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キンギョソウの日記

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用