サイネリアの育て方

TOP >キク科>>管理

サイネリア

サイネリア
科名キク科
属名ペリカリス属
学名Pericallis
みずやり水を好む
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

サイネリアの育て方

サイネリアの育て方

サイネリアの育て方
文章の修正サイネリアはキク科の多年草の花。このページではサイネリアの栽培方法を紹介しています。多年草なのですが、夏の暑さに弱いので、事実上一年草扱いです。梅雨前後までには枯れてしまいます。単価も安いために夏越しにエネルギーを注ぐより翌年購入する方が多いです。

花が終わったら花ガラをこまめに積んでやると、花の下に隠れていたツボミが咲きやすくなります。花を切る時は出来るだけハサミで切ってください。
まとめ
●寒さに強いと思われがちだが、霜に当たれば枯れる。
●花ガラを摘むと次が咲きやすい。
●水切れが起きやすいので注意。
●夏までには枯れるものと考えた方が吉。
スポンサーリンク

水やり

文章の修正サイネリアは地上部(=草や花)に対して鉢が小さいことが多く、水切れしやすいので、土が乾いていたら水をタップリと与えてください。特に室内で管理していると、暖房で水切れが置きやすくなります。

冬に開花し、開花し始めると水をよく吸い上げ、水切れがおきやすくなります。冬から春の開花時期は水切れしないように水をやります。水をやるときは花や葉っぱにかからないようにします。花に水がかかると花がすぐにしぼみます。葉っぱに水がかかると蒸れて葉っぱ枯れ込んでしまいます。口の長いジョウロで土にそっと水をやりましょう。口の長いジョウロは百均でもホームセンターでも売っています。底面吸水の場合はそこに水をやってください。
●水切れしやすいですが、だからと言って土が濡れているのに水をやっていると腐って枯れてしまいます。
水やりはあくまで土が乾いてからです。
●できれば植え替えてやると生育がよくなりますし葉っぱがパリっとなります。

春以降の水やり・夏越しの水やり
気温が上がってくると、サイネリアには厳しい時期になります。夏前に枯れることが多いですが、地上部を刈り込んで風通しをよくして半日陰で管理し、水やりを控えることで夏越しはできなくもないです(地域によっては)。

肥料

文章の修正肥料は追加してください
土の中には最初から肥料が入っているのですが、開花しているうちに肥料が切れてしまいます。花が咲いている期間に液体肥料を10日に一回程度あげると、次の花が咲きやすくなります。開花中に肥料が切れるとツボミが開かずに、そのまま萎んでしまうことがあります。
●生育時期と開花時期を含めた9月〜10月に薄い液体肥料をやるといいです。

植え付け

種蒔き

文章の修正冬に購入したサイネリアは大体梅雨前後までに枯れてしまいますので植え替えをすることは一般的ではありません。5月前後に挿木をする人もいますが挿木にしても夏越しは難しいです。
種子から栽培?
9月に種を撒きます。発芽温度は15度〜25度。赤玉土単用の土に撒いて、土を被せず乾燥しないように管理していると芽が出て葉っぱが6枚以上になったら移植します。種には肥料が必要ないので肥料はあげません。サイネリアを種子から栽培するのは大変なので普通はしません。
●種子から育てると温室で育てないため、寒さに強い株になります。

用土

文章の修正用土
一般的な培養土堆肥腐葉土を1割ほど足した用土に植えるか、自作する場合は赤玉土5ピートモス3バーミキュライト2を混ぜたものを使います。培養土には腐葉土が入っていて、室内で管理すると腐葉土が臭うので、腐葉土の入っていない観葉植物の土にピートモスを2割ほど足した方がよいです。

植え替え

文章の修正植え替え
植え替えは株が活動を始める直前の9月に行います。ダメージを減らすために土を落とさず、根をいじらないで、新しい用土を加えて、新しい鉢に植え付けます。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正あくまで寒さに弱い。霜に当たれば枯れます
サイネリアは日の当たる室内が適しています。よく1月~3月に店先に出回るので、寒さに強いのかと思いがちですが、霜に当たると枯れてしまいます。店舗で管理していても戸外の寒風にあたると萎れてしまいます。

店頭に並んでいるサイネリアは温室育ちで更に寒さに弱く、外で管理していると、あっという間にシオシオです。徐々に慣らして外で管理するか、室内で観賞しましょう。
室内で管理する場合は、暖房などの風が当たらない場所で管理してください。冷暖房の風はカラカラです。直接あたると乾燥で傷んでしまいます。直接当たらなかったら大丈夫です。

戸外で管理する場合は軒下で雨に当たらないようにします。雨にあたると蒸れて枯れ込みやすいからです。

花を摘む

花を摘む
文章の修正花の下に次のツボミがあります。このツボミに日光が当たらないと開花しづらいです。当たらないとそのまま枯れることがあります。そこで下にツボミがあるなら、花を早めに摘んでしまいます。これで、綺麗な花が継続して開花し続けます。

しかし、まだ枯れてもいない、しぼんでもない、傷んでいない花を摘むって、ガーデナーとしてはなかなか心が痛いんですよね。でもやりましょう。

病害虫

文章の修正灰色かび病
湿度が高いと発生し、灰色カビが広がります。葉っぱに水をかけていたり、湿度の高い環境だと発生しやすいです。病変部分を取り除き、水やりを控え、風通しの良いところに移動させます。
ウドンコ病
葉っぱに白い粉を吹くカビです。原因となる菌はどこにでもいて、泥を跳ねるなどで葉っぱについて広がっていきます。基本的に「株が弱っている」と発生しやすく、白い粉が吹いても、株が健康であればいつのまにか消えるということもあります。
発症したら、発症部分を切除し、発症部分が多いなら、薬剤を散布します。
アブラムシ
新芽にたかり生育不良を起こします。室内で管理すると発生はある程度防げますが、完全には防げません。少量の発生なら手で取り除き、大量であれば薬剤を散布します。
コナジラミ
葉っぱの裏から汁を吸います。成虫になるとサイネリアのあたりを飛ぶので、すぐにコナジラミだなとわかります。薬剤を散布しますが、葉っぱの裏にも散布しないと効果がないです。コナジラミは葉っぱの裏に水をかけることで予防ができるんですが、サイネリアは葉っぱに水をかえると蒸れて枯れ込みやすいので、発生しやすいです。

その他

文章の修正お店で売っているサイネリアは、株に対して小さな鉢に植えられています。これは見た目もありますが、鉢を小さくしていじめてやることで開花を促進させる狙いがあるからです。そんな理由もあって、余計に水切れが起きやすいです。植え替えた方がサイネリアの健康にはいいですが、そのままでも大丈夫です。
●夏越ししたらひとまわり大きな鉢に植え替えてあげましょう。

特徴・由来・伝承

文章の修正学名ではシネラリアというのですが、販売に当たって「死ねラリア」と聞こえるために「サイネリア」という名前で流通しています。別名として、フウキギク(富貴菊)・フキザクラ(富貴桜)など。淡い色から原色カラーまで多彩な種類がある

冬の花鉢として非常に多く流通します。価格も安いので自宅での観賞用での購入が多いです。冬はプリムラとサイネリアが安くて長持ちな花鉢としてよく流通します。

木立性セネシオ
サイネリアによく似た「セネシオ」があります。管理方法はほとんど同じですが、セネシオの桂華・貴鳳などは開花しやすく、大型でボリュームがあり、色が鮮やか。サイネリアよりも寒さに強く、冬から春に掛けてのギフトに人気があります。
スポンサードリンク

記事の紹介

関連記事

サイネリア・ゴールデンシャワー
キク科 サイネリア

同じ科の植物

セントーレア
キク科
サンリッチバレンシア
キク科 ヒマワリ
レモンマリーゴールド
キク科
プロカットバイカラー
キク科 ヒマワリ
フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジ
キク科 フレンチマリーゴールド

人気記事

植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
ヘデラ
ウコギ科
葉先や葉の外側から枯れる原因と対処方法
トラブル
高芽…胡蝶蘭の花茎から葉っぱと根が出てきたら
コチョウランの管理
コニファー
園芸用語

10月に開花する植物

チェリーセージ
シソ科
キラキラ星
スミレ科 ビオラ
カラミンサ・マーベレッテ
シソ科
ハワイアンベイビーレッド
アオイ科 ハイビスカス
パンパスグラス
イネ科

10月に植え付け・植え替えする植物

クナウティア
マツムシソウ科
ニンニク
ユリ科
サンセベリア・ボンセレンシス
リュウゼツラン科 サンセベリア
ミントコリブリ
ウコギ科 ヘデラ
ヒメヒオウギ
アヤメ科
スポンサーリンク