ネメシアの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>ネメシア
スポンサードリンク

ネメシア

ネメシア
科名ゴマノハグサ科
学名Nemesia
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


寒さにはある程度の耐寒性はありますが、霜にあたったり、寒風にさらされると痛んでしまいます。外で管理する場合は霜や雨の当たらない軒下に置いてください。地植えも可能です。
多年草一年草とありますが、一年草扱いが普通
一年草のネメシアと多年草のネメシアとあって、一年草のネメシアは花が終わると枯れます。多年草のネメシアは冬を越せば翌年も花が咲くのですが、一般的にはどちらにしても冬に霜が当たったら枯れておしまい、という一年草扱いにすることが多いです。冬越しは面倒だからです。
⚫︎ただし、暖地では簡単に越冬するし、他の地域でもこぼれダネで翌年も生えてくる。

5月に切り戻しをすると花が増えます
5月前後に咲き乱れたときに一旦、花部分を刈り込むと脇芽が出てきてもう一度咲き乱れてくれます。
ネメシアは節の全てから脇芽が出る可能性があります。敵芯(切り戻し)の位置はどこでも問題ありません。
まとめ
⚫︎水やり肥料は普通のやり方。
⚫︎宿根ネメシアと一年草のネメシアがあるが、宿根は花が地味なので、あまり流通していない。
⚫︎冬越しさせようと考えなければ、非常に気楽に楽しめる園芸植物です。

水やりと肥料

土が乾いたら水をやってください
土の表面が乾いたら、水をたっぷりやってください。鉢植えの場合は鉢底から水がしみ出すくらいにやってください。冬は数日に1回。春以降は二日に一回か、毎日です。あくまで目安なので、土の状態を確認してから水をやってください。
花がよく咲くので追加で肥料が必要
市販の土には肥料が混じっていますので、植え付けの際には固形肥料は必要ありません。植えてから花が咲くまでは液体肥料を二週間に1回ほど与えてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


春に苗を植えるのが普通
種まきの時期は9月~10月ですが、一般的には寒くなってからホームセンターや花屋さんで販売している苗を植えます。店頭に並ぶのはまだ寒い時期です。でもこのネメシアは温室で花を咲かせているだけなので、このまま戸外で霜に当てると枯れてしまいます。暖かくなってから植えましょう。
用土は市販の花と野菜の土で
市販の培養土で植え付けをします。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを利用します。
●小判のような種子が取れる。こぼれダネで翌年も咲くことがある。地域によっては地上部が枯れても越冬する。

管理場所・日当たり

日当たりで管理
日当たりで管理します。日光が不足するとひょろ長く伸びてしまいます。ネメシアはひょろ長くなりやすいです。
切り戻しをしましょう
そこで、一旦花が咲いて一段落したら、半分か三分の一くらいに切り戻します。すると、全体が1.5倍くらいに大きくなります。花が咲いているのに切り戻しをするのを「勿体ない」「かわいそう」と考えて躊躇してしまいがちですが、バッサリとやってしまいましょう。
参考摘芯

その他

アブラムシカイガラムシハダニが発生します。
アブラムシ。カイガラムシはオルトランなどの薬剤で対応します。ハダニは乾燥すると発生するので、水を掛けて風通しがよくなるように、葉っぱをさばいてやると発生を抑えられます。

特徴・由来・伝承

一年草のネメシアと宿根ネメシアがあり、宿根ネメシアの方が寒さにも強くて育てやすいのですが、一年草のネメシアのほうが色合いが豊富で、鮮やかな品種が多く、花も大きく賑やかです。宿根ネメシアは市場にあまり流通していません。

南アフリカ原産です。
メネシアじゃなくてネメシアです
学名がNemesiaなのでネメシアです。たまにネットショップでも「メネシア」と書いてあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ネメシアの関連記事

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用