デージーの育て方

MENU
TOP>キク科>デージー
スポンサードリンク

デージー(ヒナギク・長命菊・延命菊)

デージー
科名キク科
学名Bellis perennis
別名ヒナギク・長命菊・延命菊
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

デージーは草丈の低い、冬から春のガーデニング材です。

初心者向けガーデニング材
デージーの種を撒くのは秋ですが、苗を植えるのは冬~3月前後まで。種撒きは大変なので、苗で植えたほうがいいでしょう。あまり遅い時期に植えると、増えないうちに開花時期が来るので、10月~12月までに植えるのがベストです。

生育サイクル
秋に種を撒くか、冬に苗を植えます。それが冬から春にかけて咲いて、夏までには暑さで枯れてしまいます。一年草で、こぼれダネで増えるということも聞きません。

苗なら霜に負けない
冬に出回る苗は霜に強いのですが、秋に種を撒いて育てた場合に、苗が小さいときに霜に当たると枯れてしまいます。種から育てた場合は、寒さに慣れるまでは霜よけがあった方が無難です。
苗から育てた場合も霜に枯れることはないですが、花が止まります。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら、しっかりと水をやります。デージーは水切れを起こしやすいので、うっかり水を切らせると、シオシオになって、復活不能になります。
特に3月以降、日が照り、生育が旺盛になってきたら、水切れに注意しましょう。

肥料を必ず追加しましょう
花が咲く期間は液体肥料を週に1回与えてください。デージーは花が多い植物です。肥料が切れると、花付が悪くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。デージーは寄せ植えにしても、庭植えにしても、プランター植えも楽しめます。

庭植えする場合は水はけのよいところに植えてください。土を掘ると水が出てくるような水はけの悪いところではさすがに、枯れてしまいます。
寄せ植えにも
草丈が小さく、同じ時期に開花するビオラパンジー類と一緒に植えても綺麗です。その場合はデージーの色合いを淡いものにして、他の花と喧嘩しないように調整しましょう。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで
デージーは日の当たる場所で管理しないと、花首が伸びて、ひょろひょろになったり、花付が悪くなります。

4月くらいになって、花が傷んできたら、デージーの花をゴッソリ切り戻してしまえば、次の花がつきやすくなります。
また、傷んだ花は小まめに摘んでください。終わった花に水が掛かり、そのまま腐って病気の元になります。

特徴・由来・伝承


デージーはヨーロッパ原産。ヨーロッパでは雑草扱いの多年草。多年草ではありますが、日本の暑さには絶えられず、秋に種を撒いて春前後まで楽しむ一年草です。
イタリアの国花。

日本語ではヒナギク。色合いや造形は意外とグロい感じがするのですが、最近では淡い色合いや、鮮やかなものも増えています。デージー・デイジイという名前のマンガ・アニメキャラが多い、気がします。

他のデージーも
デージーと名が付く植物にはにはブルーデージーシャスターデイジーチロリアンデージーユリオプスデージーなどなどありますが、それぞれ育て方が違います。各ページをチェックしてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

デージーの関連記事

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用