チロリアンデージーの育て方

TOP >キク科>デージー>>管理

チロリアンデージー

チロリアンデージー
科名キク科
属名ヒナギク属
学名Bellis perennis 'Tyrolean daisy'
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. チロリアンデージーとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  5. 管理場所・日当たり
  6. 特徴・由来・伝承
  7. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

チロリアンデージーとは?

チロリアンデージーとは?
文章の修正チロリアンデージーはキク科ヒナギク属の多年草一年草扱い)の植物。秋に種を撒くか、冬に苗を植えておくと冬から春まで、花の少ない本当に寒い時期でも花を咲かせてくれます。本来は多年草ですが、夏の暑さで枯れてしまうので、一年草扱いです。

チロリアンデージーの花が傷んでいたら、花を摘んでください。花をそのままにしておくと株が種子を作ろうとして次の花が咲きづらくなります。
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正チロリアンデージーは若干乾燥に弱いですので、水が切れないように気を付けます。水やりの目安は土が乾いたら。土が濡れている間は水はやらないようにします。ずっと濡れていると根腐れを起こします。鉢植えであっても庭植えであっても、水やりは必要です。
文章の修正花に水が掛ると花が傷んでしまいます。チロリアンデージーは花が大きくて通常のデージーやポンポンデージーよりも傷んだ時にみすぼらしくなりますので、花に水が掛らないようにしましょう。別に水が掛ったからといっても枯れる訳ではないので、気にしないでも構いませんが、水がかかると花の寿命が短くなります。

肥料

肥料
文章の修正チロリアンデージーは花がよく咲きますので生育期間(11月〜4月)の間は肥料を追加してください。肥料が切れると開花が鈍くなります。一週間か二週間に一回液肥をやってください。もしくは1ヶ月に一回、緩効性化成肥料をやります。
液体肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
化成肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正9月〜10月にタネをまいて苗を作るか、10月くらいから苗が出回るのでこれを植え付けます。

用土

文章の修正一般的な花と野菜の培養土などで植え付けます。自作する場合は赤玉土7腐葉土3に少量の化成肥料を追加してよく混ぜたものを使います。
培養土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

種まき

文章の修正発芽温度は20度なので9月〜10月あたりに種まきをします。ビニールポットに用土を入れ、ここに種子をまき、薄く土を被せて、水をやります。種子が小さくて風に飛ばされ、水に流されるので、水はそっとやるか、霧吹きで遠くからふきかけて湿らせるようにします。明るい日陰で乾燥しないように管理していると1週間ほどで発芽しますので、本葉が2枚〜4枚になったら鉢や庭に植え付けてください。
園芸ビニールポットの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
チロリアンデージー 種子の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植え

文章の修正5号〜6号に1苗、8号鉢なら3苗を目安にして植え付けます。横長プランターなら3苗〜4苗を植え付けます。

鉢底の穴を鉢底網で塞いで土が出ないようにしてから鉢底石軽石)を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

寄せ植え
花が小さくて、花いろが淡いチロリアンデージーなら、他の植物と調和して綺麗です。
冬と春の寄せ植えの候補の一覧
雑記

庭植え

文章の修正庭植えする場合は、植え付けする2週間前に庭を深さ15cm〜20cmを掘り変えして土に苦土石灰を混ぜて中和させておきます。1週間くらいで中和反応が終わるので、それから土に腐葉土と緩効性肥料か堆肥を元の土に対して2割〜3割ほど混ぜて、化成肥料を少量入れて用土とします。水はけが悪いならば川砂を混ぜて水はけをよくしておきます。

用土を穴に戻して株を15cmほど間隔で配置して、苗の地表と庭土の地表が合うように深植えしないように植え付けていき、最後にしっかりと水をやります。これで完成です。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日当たりのよい場所で管理してください。日光が不足すると花つきが悪くなりますし、病害虫にも弱くなります。寒さには強く、霜には当たっても枯れることはありません。

本来は多年草で、夏を越すことが出来れば冬にはまた花が咲きます。寒冷地であれば、涼しいところで管理すれば夏を越せることもありますので、ダメ元で挑戦してみてもいいです。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正デージーは日本でいうところのヒナギク。チロリアンデージーはデージーの品種。チロリアンデージーはデージーよりも大輪です。チロリアンデージーのチロリアンとはオーストリアのチロル地方のこと。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

デージー
キク科

同じ科の植物

マリーゴールド
キク科
ビッグスマイル
キク科ヒマワリ属
リングオブファイヤー
キク科ヒマワリ属
ルビーネックレス
キク科オトンナ属
ルドベキア・タカオ
キク科ルドベキア属
ヨモギ
キク科ヨモギ属
ユリオプスデージー
キク科
ペーパーカスケード
キク科ローダンセ属
キバナコスモス
キク科
サンリッチオレンジ
キク科ヒマワリ属
スポンサーリンク