チロリアンデージーの育て方

MENU
TOP>キク科>チロリアンデージー
スポンサードリンク

チロリアンデージー

チロリアンデージー
科名キク科
属名ヒナギク属
学名Bellis perennis
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


生育サイクル
秋に種を撒くか、冬に苗を植えておくと冬から春まで花の少ない本当に寒い時期でも花を咲かせてくれます。本来は多年草ですが、夏の暑さで枯れてしまうので、一年草扱いです。
傷んだ花は必ず摘む
チロリアンデージーの花が傷んでいたら、花を摘んでください。花をそのままにしておくと株が種子を作ろうとして次の花が咲きづらくなります。

水やりと肥料

水切れ注意
若干乾燥に弱いですので、水が切れないように気を付けます。水やりの目安は土が乾いたら。土が濡れている間は水はやらないようにします。鉢植えであっても庭植えであっても、水やりは必要です。
花に水が掛らないように
花に水が掛ると花が傷んでしまいます。チロリアンデージーは花が大きくて通常のデージーやポンポンデージーよりも傷んだ時にみすぼらしくなりますので、花に水が掛らないようにしましょう。別に水が掛ったからといっても枯れる訳ではないので、気にしないでも構いませんが、花の寿命が短くなります。
肥料を必ず追加
チロリアンデージーは花がよく咲きますので生育期間の間は肥料を追加してください。一週間か二週間に一回液肥をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

庭植えするなら
庭植えする場合は、植え付けする一週間前までに土に苦土石灰を混ぜて中和させておきます。他に腐葉土と緩効性肥料か堆肥を混ぜておきます。水はけが悪いならば川砂を混ぜて水はけをよくしておきます。
鉢植えの場合
市販されている花と野菜の土で植え付けをします。
寄せ植え
花が小さくて、花いろが淡いチロリアンデージーなら、他の植物と調和して綺麗です。

管理場所・日当たり

日当たりのよい場所で管理してください。日光が不足すると花つきが悪くなりますし、病害虫にも弱くなります。

夏の暑さで枯れるのですが
本来は多年草で、夏を越すことが出来れば冬にはまた花が咲きます。寒冷地であれば、涼しいところで管理すれば夏を越せるらしです。

特徴・由来・伝承

日本でいうところのヒナギク。つまりデージーの一種。チロリアンデージーはデージーよりも大輪です。チロリアンデージーのチロリアンとはオーストリアのチロル地方のこと。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用