ユリオプスデージーの育て方

TOP > キク科 > 更新日

ユリオプスデージー

ユリオプスデージー
科名キク科
学名Euryops pectinatus
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

ユリオプスデージーの育て方

ユリオプスデージーの育て方文章の修正育て方
ユリオプスデージーはキク科ユリオプス属の多年草。学名はユリオプス・ペクチナータス。秋から春まで黄色いキク科らしい花を咲かせる。霜に当たると一発では枯れないまでも痛んでしまい、何度か当たると枯れてしまいます。霜の降りない暖地では常緑で楽しめる植物です。霜が降りる地域でも枯れたり枯れなかったりです。地域によっては越冬します。花の期間が長く、花が咲かない期間もシルバーリーフの葉っぱがキレイで、お庭を引き立てるデキル花です。
まとめ
●ユリオプスデージーはキク科の多年草。
水やりは乾燥気味に。肥料は控える。
●日当たりで管理。
●地域によっては冬の寒さで枯れる。
●葉っぱが綺麗。花も綺麗。育てやすい。
スポンサードリンク

ユリオプスデージーの水やり

ユリオプスデージーの水やり文章の修正水やりは乾燥気味に
鉢植えは土が乾いたら水をタップリと与えてください。多湿が苦手で、乾かし気味に管理した方がよいです。冬の寒い時期(12月〜2月)は、午前中に水をやります。午後に水をやると土に水が残って翌朝に凍結して根を傷めます。
●土が濡れているうちに水をやっていると根腐れを起こします。
●地植えにして根付いたら、あとは日照りでもない限りは降雨だけでOKです。

ユリオプスデージーの肥料

文章の修正肥料
肥料が少ないと葉っぱが薄い緑になり、濃すぎると濃い緑…黒に近い…色になります。肥料をやりすぎると根腐れを起こしますので、葉っぱの緑が薄いなぁ……と思ったら、液体肥料を薄めたものを与えましょう。いきなり肥料を土に入れ込むのは止めた方が無難。
●鉢植えなら冬と夏以外に液体肥料をやる(鉢植えは肥料成分が流れ出やすいため)。
●庭植えの場合は、肥料流行らなくてもいいです(土中に微量要素が十分あるため)。

ユリオプスデージーの植え付け・植えかえ

植えつけ時期

文章の修正植えつけ時期
春(3月〜5月)か秋(9月〜10月)が適しています。秋に買った苗を植えて冬が来るまでに出来るだけ成長させると耐寒性が増します。鉢植えは根詰まりを起こすので、2年に一回植え替えをします。

用土

文章の修正用土
水捌けの良い有機物の多い用土を好む。一般的な花と野菜の培養土で植え付けをします。自作する場合は赤玉土腐葉土3を混ぜたものにします。
●配合例…赤玉土中粒5腐葉土3ピートモス(酸度調整済み)2を混ぜたものにリンが多い緩効性化成肥料を入れる。

鉢植えの植え替え

文章の修正鉢植えの植え替え
株を古い鉢から抜き出し、古い土を三分の一ほど落としておきます。鉢の底の穴を網を敷いてその上に軽石を2cmから3cmほど入れて、その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやって完成です。水やりが面倒なんで、戸外で越冬できるのであれば、鉢植えより庭植えにした方がいいです。

庭植えの植え付け

文章の修正庭植えの植え付け
深さ30cmほど掘り返し、庭土に腐葉土か堆肥を2割ほど追加してよく混ぜて、リンの多い緩効性化成肥料を足して、用土とします。用土を半分戻して、株を入れて隙間に用土を入れて、最後に水をやって完成です。

株の増やし方

文章の修正挿木で増やす
ユリオプスデージーは種子ができないので、増やしたいなら挿木で増やします。そんな貴重なものではないので、普通は新たに苗を買います。
生育する4月〜7月もしくは9月〜10月に元気な枝を5cmほど切って、赤玉土・バーミキュライトなどの無菌の清潔な新しい土に挿し、乾燥しないように水をやりつつ、日陰で管理していると発根します。発根して葉っぱが何枚か出たら、土に植え付けてください。

ユリオプスデージーの管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好む
日当たりのいい場所を好みます。半日陰だと花付が悪くなりますが、葉っぱだけでも綺麗なので、気にしないでも。
真夏の暑さと直射日光に若干弱いので、出来れば半日陰へと移動させた方がいいのですが、移動させなくても夏越しは可能です。

ユリオプスデージーの越冬と夏越し

文章の修正越冬と夏越し
耐寒性はあるのですが、何度も霜に当たったり、寒風にさらされると枯れてしまいます。夏に株は弱りますがよほどの暑さで無い限りは夏越しは出来ます。場所さえ合えば、毎年咲きます。
●南関東以南では越冬は可能。
●わたしは広島に住んでいます。わたしの地域(若干山地なんです)では強い寒波が来ると枯れてしまいます。ところが隣町に行くと越冬します。中間地の海岸部・平野部では越冬します。その境目が結構微妙。
●夏の暑さで株が弱ります。なので出来れば夏は半日陰の風通しの良いところに移動させると良いです。ですがよほどでない限りは枯死には至りません。
●長く生育すると茎が木のようになり、ガッチリしてきます。

ユリオプスデージーの切り戻し

文章の修正切り戻し
大きくなりすぎたり、枝が乱れたり、株元がハゲたら、生育前の春(5月6月)か生育が止まりかけの秋(9月10月)に剪定をします。ユリオプスデージーは強い剪定に強く、半分ほど切り戻しても枯れることはないです。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承文章の修正ユリオプスというのは「大きな目」という意味。南アフリカ原産で年にアメリカから輸入されたというのだから、日本では歴史は浅いですね。

関係記事・人気記事

ミニヒマワリ

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…

プラチーナ

プラチーナ(カロケファルス属)
[生育サイクル] 秋から冬に掛けて植え付けをして、冬、春と観賞して夏になると多湿に弱いために消えてしまうことが多い。冬から春のカラーリーフと割り切ってしまうと精神的に楽。 [意外と頑健で使いやすいカラー…

スマイルラッシュ

スマイルラッシュ(ヒマワリ属)
[育て方の概要] スマイルラッシュはヒマワリの品種。矮性で、露地植えにした場合でも丈は40cm程度。鉢植えだと30cmくらい。分枝しやすく、花が複数開花する。オレンジの花びらで中心は茶色(か黒)。花粉が出ない…

マリーゴールド

マリーゴールド
マリーゴールドはキク科の春蒔き一年草。春(もしくは初春)に植えて、秋まで楽しんで、冬には枯れてしまうと考えてください。春先以降に出回る苗を植えるのが一般的です。種を蒔いて増やすことも出来ますが、普通…
管理用リンク
管理用