パンドレアの育て方

TOP >ノウゼンカズラ科>>管理

パンドレア(南天素馨・素馨凌霄花)

パンドレア
科名ノウゼンカズラ科
属名パンドレア属
学名Pandorea jasminoides
別名南天素馨・素馨凌霄花
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. パンドレアとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 特徴・由来・伝承
  8. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

パンドレアとは?

文章の修正パンドレアはノウゼンカズラ科パンドレア属(=ソケイノウゼン属)のオーストラリアに自生するツル性の常緑低木。花の時期は長いのですが、真夏には暑さで花の勢いがなくなります。冬の寒さに弱く、暖地以外での戸外での越冬は難しいです。室内に取り込むか、一年草扱いの植物と割り切って育てます。室内で管理すれば問題なく越冬します。
草丈1m(ただしツル性)
花いろ白、ピンク
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやります。乾燥気味の土を好みますので、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。

冬の水やり

文章の修正冬は寒さで活動が鈍くなっているので、土が乾いてから数日たって、土中に水がなくなってから水をやります。土中の水分が残っているのに水をやっていると根腐れするので、土壌水分計で計測してから水をやるといいです。
土壌水分計の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

肥料

文章の修正肥料が切れると開花が鈍くなるので、開花時期の5月〜7月に一か月に一回、緩効性化成肥料をやるか、1週に1回液体肥料をやります。8月は開花が鈍くなるので肥料を止め、9月に涼しくなったら肥料を再開します。

植え付け・植えかえ

時期・頻度

文章の修正植え付け・植え替えは4月〜6月に行います。4月はまだ霜が降りることがあるので、霜が降りなくなってから作業しましょう。越冬させて来年も咲かせる場合は、鉢植えで管理し、一年草と割り切る場合は、春に庭植えしてもかまいません。

根詰まりをすると開花しづらくなるので、最低でも2年に一回植え替えをします。

用土

文章の修正市販されている土か、市販されている花と野菜の土に赤玉土か川砂かパーライトを混ぜて水はけを良くして鉢に植えます。
培養土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
パーライトの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植え

文章の修正鉢底の水が抜ける穴を鉢底網を敷いて、その上に鉢底石(軽石)を2cm〜3cmほど入れて、土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後にしっかりと水をやります。株の土は落とさず、根はいじらないで植え替えましょう。土を落として根をいじるとダメージがあって回復が遅くなります。

ツル性植物なので、釣り鉢や、行燈仕立てにするのが多いです。
行灯支柱の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで管理します。日光が少ないと花つきが悪くなります。真夏の暑い時期は花つきが悪くなりますが、耐暑性があり、暑さで枯れることはありません。

耐寒温度は5度前後で基本的に室内の日当たりで管理して越冬させます。関東なら、戸外の軒下で霜に当たらなければ越冬も可能ですが、強い寒波が来ると枯れますし、越冬したりしなかったりです。

環境の変化に敏感で場所を変えるとツボミが落ちやすい。鉢を移動させたら最低でも2週間ほどはそこから動かさないようにし、頻繁に移動させずに環境に慣らせましょう。

剪定

文章の修正花が終わった10月〜11月に伸びすぎた枝をさばいておきます。

特徴・由来・伝承

文章の修正暑さに強い植物です。真夏の直射日光にも負けません。花の形はアサガオのようなハイビスカスのような感じです。肉厚な花びらに、ピンクや白の模様が入ります。江戸時代にはすでに渡来していたとされています。

キャリスマという斑入り品種もあります。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ科
ステレオスペルマム
ノウゼンカズラ科ラデルマケラ属
ジャカランダ
ノウゼンカズラ科ジャカランダ属
インカビレア
ノウゼンカズラ科
スポンサーリンク