イキシオリリオンの育て方

MENU
TOP>ヒガンバナ科>イキシオリリオン
スポンサードリンク

イキシオリリオン(シベリアンリリー)

nophoto
科名ヒガンバナ科
属名イキシオリリオン属
学名Ixiolirion tataricum
別名シベリアンリリー
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

生育サイクル
秋に球根を植えます。寒さには強く冬から春にかけて生育、春に蒼い花を咲かせます。夏になると地上部が枯死、休眠状態になります。暖地では掘り上げて日陰で管理します。秋になるとまた芽を出します。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。イキシオリリオンは過湿に弱く、乾燥に強いので水をやりすぎないように気を付けます。庭植えにした場合は水はやらなくてOK。
夏の休眠期は水をやらない
夏は地上部が枯れて、球根の状態で夏を越します。この時期は水は一切やらないでください。水をやると球根が腐ってしまうことがあります。
肥料
秋に緩効性肥料を撒きます。また春の開花時期に液肥を二週間に一回あげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

秋に球根を植えます。球根同士を5センチくらい離して、深さも5センチ程度。あまり離さずに近くに群生させた方が綺麗です。土は市販されている花と野菜の土(培養土)で植え付けをしてください。
夏は掘り上げるべきか
夏の休眠期に過湿になると腐ってしまいます。どうしても環境が過湿気味になるならば掘り上げて日陰の風通しのよいところで保存したほうが無難です。しかし、手間が掛らないのがイキシオリリオンのメリットですから、夏に過湿で腐ってしまうならば「ご縁が無かった」と諦めるのが気が楽です。

管理場所・日当たり

日当たりで育ててください。日光が不足すると花色が鈍くなります。

特徴・由来・伝承

イキシオリリオンはヒガンバナ科の植物。現在ではイキシオリリオン科に分類されることもあります。夏の暑さで腐ることがありますが、それ以外は手間のかからない便利なガーデニング材。初心者向きですが、毎年幾らでも増えるようなタイプの植物は意外と流通しないので、購入するならばネットで取り寄せた方が早いです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ヒガンバナ科の仲間


ヒガンバナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用