ネコヤナギの育て方

MENU
TOP>ヤナギ科>ネコヤナギ
スポンサードリンク

ネコヤナギ(カワヤナギ・エノコロヤナギ)

ネコヤナギ
科名ヤナギ科
学名Salix-gracilistyla
別名カワヤナギ・エノコロヤナギ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

アレンジメントや花束に入っていたネコヤナギを水につけておくと、根が出てくることがあるくらい、ヤナギ類は強い植物です。根が出たものを土に植えておくと根付くことも充分あります。
乾燥に弱く、湿気た土を好む植物なので、よく川沿いの土手の粘着質の土に自生しています。和モノ…日本の里山などにも生える植物…なので、寒さや暑さに負けることはありません。

水やりと肥料

湿気た場所…自生する場所が、水辺の近くであることが多いように、乾燥に弱いです。切った枝を水につけていると、根っこが出るくらいなので、水のヤリスギで枯れることはありませんので、安心して水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

土質は選びませんが、あまり水はけがよいと乾燥しすぎて枝枯れすることがあります。赤玉土だけで植えてもOK。赤玉土6腐葉土3ピートモス1を混ぜた土が適しています。

挿し木して増やすことが出来ます。水につけて発根させるより土に挿しておいたほうが発根しやすいです。簡単に増やせますので、アレンジメントに挿してあったものを挿し木して庭に移植する人もいます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで管理しますが、耐陰性もあります。半日陰程度なら生育します。あまり日陰だと株が弱ってきます。

特徴・由来・伝承

細かい毛に覆われた花を咲かせることから猫に見立てて「ネコヤナギ」と呼ばれます。

他のヤナギ類よりも早く咲くので「春の訪れを告げる植物」として、生け花の材料として愛用されます。ヤナギ類は全般に土の湿った場所が好ましいですが、ネコヤナギは特に水の近くを好み、株元は水に浸かることもあります。

ヤナギ類はすべて雌雄異株といって、雄花と雌花が別々の株に咲きます。当然雄花には「おしべ」しかなく、雌花には「めしべ」があります。受粉すると房状に連なった実ができます。実はその後はじけて綿に包まれた種を出します。

ちなみにネコヤナギにはクロネコヤナギやピンクヤナギ、アカメヤナギといった異種があります。その中でクロネコヤナギは雄株しか見つかっていません。


スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ヤナギ科の仲間


ヤナギ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用