新旧両枝咲きクレマチスの剪定

MENU
TOP>トラブル>新旧両枝咲きクレマチスの剪定

新旧両枝咲きクレマチスとは


昨年生育した枝から、今年新しい枝が出てきて、その新枝が何節か生長すると、その先に花が咲きます。古い枝と新しい枝の両方に咲くのではないです。

新枝咲きと同じように株元からシュートが伸びてきて咲くパターンもあって、管理方法は新枝咲きに近く、強い剪定にも耐えます。

花後の剪定をしないと次の花は出てきません。初心者は新枝・旧枝から挑戦したほうがいいです。
スポンサードリンク

春から夏の剪定

古い枝から脇芽が出て、そこから何節か出ると咲きます。花の後に一節から二節切り戻すと、脇芽が出て、また花が咲きます。これを秋まで繰り返します。もちろん花が咲く限りは肥料を追加してください。

冬の剪定


冬の剪定は旧枝咲きに近いものです。

地上部の葉っぱは落ち、枯れているように見えますが、生きています。この枝から、春になると脇芽が出て、その脇芽が成長して花を咲かせますから、芽がついている枝は落とさないようにします。

クレマチスは強い植物
クレマチスは「植えてはいけない植物」にあげられるほどに繁殖力が強いもの。来年の芽がついているといっても、邪魔な枝は切ってしまってください。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

トラブルの仲間


トラブルの仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用