旧枝咲きの剪定…一季咲と四季咲きでもちょい違う(クレマチス)

TOP > キンポウゲ科 > クレマチス > クレマチスの管理 > 更新日

旧枝咲きクレマチスの剪定

旧枝咲きクレマチスの剪定
文章の修正ここではクレマチスの旧枝咲き剪定についてまとめてあります。旧枝咲きはパテンス系・モンタナ系・アルビナ系・マクロペタラ系などです。
まとめ
●一季咲きと四季咲きがある。
●品種によって剪定が違う。
●冬の剪定…芽が見えるようになったらやる。大体2月ごろ。芽のない枝は落とし、芽があっても邪魔な枝は落とす。必要ならがツル下げをする。
●春の剪定…品種によって若干違うが、一季咲の場合は開花が終わったら、花を摘んでいく。四季咲きの場合は、一節か二節を切り戻しておくと、脇枝が出て次の開花がある。四季咲きはこの剪定を何度かして2度か3度の開花をさせる。
●夏の剪定…一期咲きは来年のために枝を増やしておく。そのために花が終わって一ヶ月か二ヶ月経ったら、一節か二節、全体を切り戻す。

スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

旧枝咲きクレマチスとは

文章の修正冬は落葉しているが枯れていない
冬は地上部が枯れたようになりますが、枯れているわけではなく、落葉しているだけ。春になると芽吹いて花が咲きますので、絶対に地上部を切らないでください。
新枝咲きのように、冬に地上部が枯れないので、アーチに絡ませておくと、毎年バンバン咲いてくれます。代わりに冬は枯れこんでしまうので、見た目がアレです。

旧枝咲きの意味
旧枝咲きクレマチスは、古い枝から短い枝を伸ばして、そこに花をつけます。花が終わったら、花を切ったり、切り戻す事で、旧枝から梢が伸びて開花します。クレマチスは一期咲きと四季咲きがありますが、流通しているのはほぼ四季咲きです。剪定しないと生育が止まり、株が弱ります。

新枝咲きと旧枝咲きの違い
一般に新枝咲きが初心者向きで旧枝咲きは中級者向きと言われますが、大差ないです。新枝は冬と夏にバッサリと分かりやすいのに対して、旧枝咲きはこまごまと剪定するからでしょうが、旧枝咲きも一切剪定しなかったからといって枯れるわけじゃないですし咲きます。

旧枝咲きクレマチスの冬の剪定

旧枝咲きクレマチスの冬の剪定
文章の修正作業①邪魔な枝を落とす
伸びすぎた枝を落としてしまいます。クレマチスは折れやすいとも言いますが、「植えてはいけない植物」にも上げられることがある蔓延りやすい植物です。広がり過ぎないようにするのも大事な作業です。
作業②芽のない枝を落とす
冬の剪定は、枝先を軽く切るものです。枝先から「芽」が見られないものを切ります。この作業をしなかったからといってクレマチスが枯れるということはありません。
また、細い枝を落とします。
作業③ツル下げ
冬の剪定の時にフェンスやトレリスから外してツルを下げます。旧枝咲・新旧枝咲はツルの上部にしか芽が出ないため、そのままにしていると上にだけ開花して不格好です。詳細は以下のリンクを参考にしてください。下の方まで芽が見られるならばツル下げは不要です。

春の剪定

旧枝咲の一季咲きの場合

春の剪定
文章の修正花が終わったら摘む
春、開花した花をしぼみ次第、花は徐々に色あせてきますので、「もういいや」と思ったら花の根元(首元)で切って摘んでください。
●少し長めに切って、切花で楽しむという手も。
●花が終わったら、剪定しないと次が咲かないし、株が生育せず弱ります。

一季咲きの場合
基本的に品種が一季咲きの場合は、花が8割がた終わったら、花もつぼみも全て落としてしまいます。8割型の花が咲き終わったら…ってことは2割はまだ花が残っています。この時、すべての花を摘むのですから、開花しているものも摘むわけです。勿体無いし、かわいそうだなと思うでしょうが、ちゃんと摘みましょう。
品種別剪定
●常緑種は開花した枝を一節か二節ほど切り戻します。すると梢が伸びてきます。そこに来年花が咲きます。常緑種の開花は3月くらいです。
●切り戻すときは節と節の中間で切ってください。ギリギリで切ると、残ったツルがしおれることがあります。
●モンタナ系は開花とともに新しい梢が伸びきてきます。花が終わったら花は首元から摘んでしまい、その新しい梢が八節伸びたら二節残して切り戻します。切り戻したところのすぐ下から脇枝が出て、それが来年の開花する枝になります。モンタナ系の開花は4月です。

旧枝咲で四季咲き種の場合

文章の修正四季咲きの場合は
花首で落とさず、開花した枝を一節か二節ほど切り戻します。すると切ったすぐ下の葉っぱの根元から新しい芽が出てきて花が咲きます。これをどんどんと繰り返すことで秋まで咲きます。切り戻すときは節と節の中間で切ってください。ギリギリで切ると、残ったツルがしおれることがあります。
品種別剪定
●10月から3月に開花するシルホサ・カリシナなどは、花首で落とせば、新しい梢が出てきて、梢に開花します。シルホサ系は12月から3月まではパラパラとしか咲きません。
●アルピナ・マクロペタラ系・アトラゲネ系は、花がしぼんで花ガラを摘むと梢が出てきて、その梢の先に花が咲きます。剪定をすれば開花は秋まで続きます。
●大輪系は花が終わったら一節か二節を切り戻します。すると脇枝が出てきて開花します。次の開花までは45日から60日ほどかかります。大輪系は剪定をすれば開花が秋まで続きます。

種子もかわいい!

文章の修正種子もかわいい
この作業もしなかったからといって枯れるわけじゃないです。クレマチスの種子って可愛いフォルムをしています。切花で「クレマチスの種子」が出回るくらいです。全部切らずに少し残して、この種子も切花として楽しむのもいいですよ。

初夏の剪定

文章の修正一期咲きの夏の剪定
旧枝咲きクレマチスは、古い枝から新しい枝を伸ばして花を咲かせます。よって翌年に花を増やすには、今年の夏に十分に枝を増やして生育させる必要があります。初夏の剪定は、剪定によって脇芽を出させ、葉っぱや枝を増やして、翌年の花を増やす目的で行います。
●剪定すると脇芽が増えて枝が増えるわけですから、クレマチスにあんまり大きくなって欲しくない時は、夏の剪定は控えます。
●四季咲きは、同様の剪定を春からずっとやっているので不要です。

方法
花が終わって一ヶ月か二ヶ月経ってから、全体を二節ほど切り戻しします。切り戻すときは節と節の中間で切ってください。
剪定の時期
春に花が咲いてひと段落…一ヶ月か二ヶ月したときが初夏の剪定のタイミング。タイミングが遅くなると、出てきた脇芽が暑さで枯れてしまいます(クレマチスは暑さが苦手)。早めの剪定…6月中か7月の初旬までにが吉。

関係記事・人気記事

クレマチス

クレマチスクレマチス
キンポウゲ科
(センニンソウ属)

クレマチスの育て方(詳細解説版)

クレマチスの育て方(詳細解説版)クレマチスの育て方(詳細解説版)
キンポウゲ科
(センニンソウ属)

クレマチスの庭植えのやり方・コツ

クレマチスの庭植えのやり方・コツクレマチスの庭植えのやり方・コツ
クレマチスの管理

クレマチスの挿し木の方法のまとめ

クレマチスの挿し木の方法のまとめクレマチスの挿し木の方法のまとめ
クレマチスの管理
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用