摘芯すれば脇芽が出て花が増える

MENU
TOP>園芸用語>摘芯
スポンサードリンク

摘芯とは?


一定の大きさに成長した植物の芽の先を切り落とすことで、わき芽を増やし、結果大きな株に成長します。アサガオやニチニチソウなど、非常に多くの植物で有効な方法です。
脇芽が出にくいものもありますから
中には脇芽が出にくいものもあり、摘芯することで生育が阻害される植物もあります。必ず各解説ページを参考にしてください。

した場合としない場合

摘芯をしない場合、植物は草丈を伸ばして、一本長い樹形になります。分かりやすい例としては「ヒマワリ」があります。ヒマワリはイメージとして一つの花が一本につき咲き、それが大きな花であるというのを思い浮かべると思います。ですが、ヒマワリも摘芯をすると、脇芽が伸びて、小さなヒマワリがいくつも咲きます。

ヒマワリを摘芯せずに放置しておくと大きな花が咲き、秋になると、その重みに耐え切れず倒れてしまうことがあり、場合によっては危険です。
スポンサードリンク

株が大きくなります


特につる性の植物だと株が大きくなります。ほかの植物でも、切り戻しをすることで、脇芽が増えて株が大きくなりますが、これも摘芯と同じことです。

あまりに若いときに摘芯・きり戻しをするのは危険ですが、花が咲き始めたら、最初の花は摘芯するということも考えて下さい。

咲き始めの花を切るのは心が痛みますが、最後は株が立派になりますので、してしまいましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

摘芯の関連記事

摘芯の日記

園芸用語の仲間


園芸用語の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用