オノエマンテマの育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>オノエマンテマ
スポンサードリンク

オノエマンテマ(カーペットカスミソウ)

オノエマンテマ
科名ナデシコ科
属名カソウミソウ属
別名カーペットカスミソウ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


カーペットカスミソウという名前で流通することが多いので、ブワーっとカーペットのごとく繁茂しそうな気がしますが、何年も掛けて繁殖させる植物と考えてください。
オノエマンテマの生育の大事なところは夏越しです。暑さと湿気に弱いために、風通しの悪い場所で管理していると難しいですが、他の高原植物にくらべれば成功率は高いです。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。オノエマンテマ(カーペットカスミソウ)は過湿を嫌いますので、水のやりすぎには注意します。梅雨の時期に雨が当たる場所は避けます。

過湿は嫌いますが、水はけのいい土であれば、それほど気にしないでいい程度の弱さです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

オノエマンテマは酸性の土を嫌いますので、新しい土で植えるのではない場合、念のために石灰で中和しておきましょう。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

耐寒性もあり、耐暑性もありますので気温に関しては問題ありません。問題は水はけであり湿度です。

その他

オノエマンテマ(カーペットカスミソウ)は寒さに当たらないと花芽が出来ません。寒さに強い植物なので室内で観賞するということはあまりないでしょうが、温室で育てているとほとんど花芽ができないということがあります。

春に花が一通り終わった後に花の少し下あたりで切ってやると脇芽が出てきて、もう一回花を咲かせる場合がありますのでやってみてください。

特徴・由来・伝承

山野草の一種として扱われることが多いです。標高2800メートルから4000メートルというかなり標高の高い草原・雑木林の植物。高さは生育しても20センチ前後と低く、グランドカバーの植物と考えてください。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用