ダイモンジソウの育て方

MENU
TOP>ユキノシタ科>ダイモンジソウ
スポンサードリンク

ダイモンジソウ(大文字草)

ダイモンジソウ
科名ユキノシタ科
学名Saxifraga fortunei var. incisolobata
別名大文字草
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ダイモンジソウは山の湿っぽい岩場でよく咲いている植物。山野草です。葉っぱをてんぷらにして食べることが出来ます。でも素人は食べないほうがいいでしょう。

ダイモンジソウは自生場所は、二種類あります。
ひとつは、高山の日当たりのよいところ。
もう一つは、低地の半日陰か日陰。
日当たりがいい方が花がよく咲きますし、生育も良いですが、日当たりよりも「水はけ」と「高温対策」の方が大事です。

水やりと肥料


ダイモンジソウは岩肌などにへばりついて生活します。岩に水がチョロチョロと流れて、その水を吸い上げる状態です。少しづつでも水に流れがある状態が好ましく、たまり水に浸からないことが大事です。といっても、そんな環境が一般家庭で作れるわけがありません。ようは、水を毎日やって、その水を受け皿に溜めない、ということが大事です。

春と秋は毎日土の状態を見て乾いているようであれば、水をやって、受け皿の水を捨てます。夏は毎日二回、同様に水をやって受け皿の水を捨てるようにします。冬は、その頻度を減らします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は鹿沼土の単用単用か、川砂の単用か、山野草の培養土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

ダイモンジソウの管理場所は日当たりのよい、風通しの良い場所が適しています。特に真夏の暑さに弱く、真夏に日当たりにおいていると葉っぱが焼けて傷んでしまいますし、乾燥でカラカラになります。真夏は半日陰か日陰に移動させてください。

<春>日当たりか半日陰で管理します。直射日光が強いのであれば、半日陰や日陰に移動させてください。梅雨に雨が当たるのであれば、軒下に移動させて下さい。梅雨や秋の長雨に当たると腐ってしまいます。
<夏>風通しの良い半日陰や日陰に移動させます。ダイモンジソウは暑さに弱く、夏に涼しい場所で管理するようにしてください。
<秋>秋も春同様に日当たりか半日陰で管理します。秋に長雨が続くのであれば、軒下で管理して下さい。
<冬>冬は地上部が枯れて休眠します。根が凍らないように、してください。冬に寒風が吹きすさぶような場所においていると、株が弱って春に芽が出にくくなります。寒風の当たらない、軒下で管理します。

特徴・由来・伝承

5枚の花びらのうち下側二枚が長く、漢字の「大」に似た花を咲かせるユキノシタ科の植物。最近ではダイモンジソウの品種改良版で、あまり「大」の字になって異なものも見かけます。

中国や日本に分布する植物で、岩壁などに根を張って育つ植物です。一口にダイモンジソウといっても、園芸品種もさまざま、また自生する環境によっても性質がかなり違います。

本来は白い花ですが、流通するダイモンジソウは濃いピンクや淡いピンクのものもあり、和風の雰囲気と小さくまとまる手軽さから、人気の花です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユキノシタ科の仲間


ユキノシタ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用