スズランエリカの育て方

MENU
TOP>ツツジ科>スズランエリカ

スズランエリカ

スズランエリカ
科名ツツジ科
属名エリカ属
学名Erica
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


低木性のエリカで、枝先に真っ白で小さな花が三つ咲くのですが、枝の分岐が非常に多いので、びっしりと咲きます。高さは60センチほどまでになります。耐寒性があり、冬は戸外で管理します。とはいえ霜に当たると傷みますので、冬は軒下で管理してください。乾燥・過湿ともに弱いので、水遣りには注意しなくてはいけません。冬の間は土が乾いたら水をタップリと与えるようにします。
まとめ
水やりは土が乾いてから。
●根が浅く乾燥しやすいのに、根腐れもしやすいという矛盾した性質があり、日本の夏に弱い。
●夏の暑さに弱く、蒸れて枯れるため通年で育てるのは難しい
●庭植えには適さない。鉢植えが推奨。ただし秋に植えつけて一年草と考えるなら庭植えもいいかもしれません。
●秋から春はほんとに綺麗。
●いろいろと考えると初心者向きじゃない。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に弱く、水が切れると花と葉っぱが、乾物のようにカラカラになって元に戻りません。しかし、水のやりすぎにも弱く、水をやりすぎると、根が腐って枯れてしまいます。特に真夏の湿度と高温に弱く、夏に日当たりに置いているといつのまにか消えてしまいます。
●根が細く乾燥に弱い。
●なのに水をやりすぎると根腐れを起こす
●秋から冬に掛けては育てるのは簡単。問題は夏越し
●土が乾いてから水をやる、という一般的な水やり管理。
●水切れを起こしても、目に見えて枯れるまで一週間掛る(他の植物は水切れしたらすぐしなびるのに)。よって水切れが分かりにくいので注意。

肥料
春と秋に液体肥料を。
夏は暑さで弱るので肥料はやらない。冬は肥料があると耐寒性が悪くなるので控える。液体肥料をやるのは濃度を調整できるのもありますが、やりすぎて残った場合に夏は根を傷め、冬は耐寒性が落ちるというデメリットが大きいからです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

弱酸性の水はけのよい土が好ましいので、鹿沼土7ピートモス3を混ぜたものか、エリカの専用土が最近はホームセンターに売っていますので、そちらで植え付けをします。

植え替え時期は春か、秋。鉢底から根が出ているようであれば、植え替えをしてください。

管理場所・日当たり

夏の湿度に弱いので、夏に半日陰に移動する必要が無ければ露地植えにすることも出来ますが、鉢植えで管理するのが無難です。

日当たりのいい場所を好みます。日光が当たらないと徐々に弱っていきます。夏の間だけは半日陰の涼しいところに移動してください。寒冷地では移動する必要が無い場合もあります。

梅雨と夏は湿度が高くなり、スズランエリカの幹付近が蒸れてしまいますので、すこし間引いて風通しをよくすれば夏越しも可能です。

一部の品種を除いて多くのスズランエリカは寒冷地でも露地植えで越冬できます。ただし、地面が凍ったり霜柱で土が盛り上がって根をいためる場合は、防寒が必要です。
●毎年楽しもうと思うなら夏越しが大変。ある程度ガーデニング経験を積んでからが吉。
●秋・冬・春は軒下の日当たりへ。夏は半日陰で風通しのいい涼しいところへ。

特徴・由来・伝承

花がスズランに似ていることから、スズランエリカと名づけられました。エリカはヨーロッパやアフリカに自生しています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ツツジ科の仲間


ツツジ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用