オブツーサの育て方

MENU
TOP>ユリ科>オブツーサ
スポンサードリンク

オブツーサ(雫石)

nophoto
科名ユリ科
属名ハオルチア属
学名Haworthia obtusa
別名雫石
みずやり乾かし気味に
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方自体はサボテンハオルチアと同じ。水をやり過ぎないこと。春から秋は出来るだけ日に当てるが真夏は直射日光を避けること。冬は室内へ。以上を踏まえれば室内でも十分生育します(むしろ室内が適地なくらい)。
問題はプクプクでキラキラが無くなること
透明に見えるのは水を溜めているからです。あの透明を維持するには「水」が必要です。しかし水をやりすぎれば根腐れするというのが多肉の宿命。この「水やりの加減」がプクプクキラキラを維持するコツです。

水やりと肥料

基本事項
オブツーサの土が乾燥したら、水をしっかりとやります。水が鉢の底から染み出すくらいにしっかりとやってください。土の中にはオブツーサの根が出したゴミ、いわば排泄物のような物質もありますし、根は「新鮮な空気」を必要としています。ゴミと古い空気を押し出すために、水は大量かつしっかりと鉢底から染み出すくらいにやって、新しい空気を送り込んであげます。
●水は土に注いでください。葉っぱの間に水が残っていると、暖かい時期はいいですが、蒸発しきれずに腐って病気の元になります。
春の水やり
土が乾いてから、しっかりと水をやります。表面的に乾いていても土の中に水が残っていると、根腐れします。鉢を持って重さで判断できると失敗が減ります。薄い液体肥料を二週間に一回やりましょう。
夏の水やり
夏はオブツーサの元気が無くなり、水をやっても吸い上げる力が無くなっています。水は控えます。肥料もやらないでください。
秋の水やり
春の水やりと同様です。徐々に気温が下がってくるので最高気温が20度を切ったら水やりを控えていきます。
冬の水やり
冬は水をやりません(11月から2月)。もちろん肥料もやりません。3月にむけて水をやるようにしていきます。3月以降は春の水やりに。
プクプクキラキラのコツ
水と日光が少ないとプクプクキラキラでは無くなってきます。日光も必要ですがこれは環境にもよるので、別項目に譲ります。問題は水やりです。オブツーサは水遣りが多いとすぐに腐ってしまいます。いくらプクプクキラキラを維持したいからといっても、腐って枯れたら元も子もない。なのでコツとしては、【乾燥気味】→【潤沢】へと探って丁度いいポイントを自分なりに探る、ということしかないです。
ある程度多肉を育てたことがあるならば、水やりの頻度はなんとなく分かっているハズです。そういう人は萎まない頻度をなんとなく知っていますが、オブツーサが多肉初体験という人は、少々萎んでも乾燥気味管理からはじめましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の多肉植物培養土を利用します。植え替え時期は春。生育が早いものではないので、少々植え替えは3年に一回程度。土が劣化して水はけが悪くなるのも植え替える理由。植え替えるときは一回り大きい鉢か、同じ大きさの鉢に植え替える。

管理場所・日当たり

春と秋は戸外の半日陰か日当たり。夏は涼しいところ。冬は室内の日当たりです。オブツーサは夏の直射日光と暑さに弱いので、注意してください。
●春から秋は風通しの良い場所におきます。オブツーサは新鮮な風を欲しがります。
●冬もできるだけ日当たりで管理します。
●夏はとにかく涼しい場所。風通しが良くて、直射日光が当たらない場所。出窓に置く場合は、カーテンで遮光してあげないと、葉っぱが焼けます。
●風通しがいい、というのは空気がよどんでいない場所です。
●風通しが良い、と書きましたが冷暖房の風は厳禁。あれは非常に乾燥していて植物には厳しいです。

特徴・由来・伝承

透明感があるというより、実際に透けて見える葉っぱ。それがプクプク。植物には思えない。ユリ科ハオルチア属の多肉植物。サボテンのようなものです。別名が雫石。こちらのほうが売れそう。管理はサボテンと同じなので、軽い気持ちで購入するが、この透明のプクプクが徐々に萎んでいくので、悲しい――という人が多い。でも枯れるわけではない。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用