ゴーヤの摘芯

TOP > ウリ科 > ゴーヤ > 雑記 > 更新日

ゴーヤの摘芯のポイント

文章の修正
まとめ
摘芯は必ずやる。やらないと茂らない。
●葉っぱが5枚以上になったらツルの先を切り戻す(=摘芯)。
●脇芽が出て枝葉が増える。
●品種によっては摘芯しなくてもよく脇芽が出る。
グリーンカーテンにするなら何度も摘芯して茂らせる。
●収穫するだけなら、一回最初に摘芯したら十分。
スポンサードリンク

摘芯

摘芯文章の修正摘芯というのは、一番上の新芽を摘むことで脇芽を出させる園芸のテクニック。ゴーヤに限らず、ほとんどの植物で通用します。ゴーヤの場合、この摘芯をしないと、一本のツルがまっすぐに上に伸びるだけで、全然広がらず、グリーンカーテンにはなりませんし、収穫量も少なくなります。
摘芯の方法
摘芯はゴーヤの本葉が8枚から10枚になったあたりで、本葉5枚くらいを残して新芽を切李ます。すると葉っぱの根元から脇芽が出てきます。
その後、何度か新芽を切って脇芽を出させれば、なお、大きく茂ります。
●摘芯+ネット誘引を繰り返してグリーンカーテンを作る。
●野菜として収穫するだけなら、何度も摘芯する必要はないですが、グリーンカーテンとして木陰を作りたいなら、摘芯+ネット誘引を6月以降にせっせとしないと7月に間に合わない。

関係記事・人気記事

ゴーヤの植え付け

ゴーヤの植え付け
[概要] ゴーヤの植え付け方法をまとめています。 [+[まとめ] ●ゴーヤの苗を植えるのは5月以降。6月でも間に合う。 ●収穫までは3ヶ月。 ●水はけの良い土でないと苗が窒息して根を張らない。 ●庭植えにする場合…

ゴーヤの肥料

ゴーヤの肥料
[ゴーヤの肥料] ゴーヤは肥料食いです。肥料を大量に消費しますから、肥料を随時補給してやらないと全然追いつきません。 [+[まとめ] ●苗の時は肥料を追肥やらない。 ●高温時期になり生育がよくなってから肥料…

ゴーヤの葉が黄色くなったり萎れる理由と対処法

ゴーヤの葉が黄色くなったり萎れる理由と対処法
[+[まとめ] ●ゴーヤの葉っぱが黄色いのはマグネシウム不足。苦土石灰をやるか、マグネシウム入りの肥料をやる。 ●昼に葉が萎れ、夕方になると復活するのは、根が弱っているから。-]

木蓮(モクレン)と辛夷(コブシ)の違いと見分け方

木蓮(モクレン)と辛夷(コブシ)の違いと見分け方
[+[まとめ] ●モクレンとコブシは同じモクレン科モクレン属(マグノリア属)で、樹皮や葉っぱの感じは同じで見分けがつかない。 ●モクレンには真っ白なものと、紫のものと、その中間のものがあり、色がついていた…
管理用リンク
管理用