ゴーヤの植え付け手順・基礎知識…時期や土や連作障害など

TOP > ウリ科 > ゴーヤ > ゴーヤの管理 > 更新日

ゴーヤの植え付け

ゴーヤの植え付け
文章の修正概要
ゴーヤの植え付け方法をまとめています。
まとめ
●ゴーヤの苗を植えるのは5月以降。6月でも間に合う。
●収穫までは3ヶ月。
水はけの良い土でないと苗が窒息して根を張らない。
●庭植えにする場合は、前もって苦土石灰を混ぜておく。これはマグネシウム不足を予防するためのもの。
連作障害を起こす。去年と同じところに植えない。同じ土を使わない。
●庭植え推奨。
●鉢植えにするなら大きなものに苗を一つ。
●プランターなら苗を二つ。

参考リンク
ゴーヤ
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

植え付け時期

植え付け時期
文章の修正植え付け時期
ホームセンターなどで苗を買って植えるのが普通。
霜が降りなくなったら植えてもいいが、5月以降に植え付けるのが普通。関東でもたまーに5月第一週に霜が降りる。6月7月でも収穫するのは全く遅くないが、8月にグリーンカーテンにしたいならば早めに植えた方がいい。
●苗自体は早いところでは4月に流通しているから、4月から植えがちですが寒さで縮こまったり、最悪枯れることもある。
●寒いならペットボトルを半分に切ったものを苗にかぶせる(ミニ温室みたいな感じで)。
●6月に植えるとグングンと生育するが、7月のグリーンカーテンが欲しい頃にはまだ生育が足りない。そこで5月に植えることになるが、5月は気温が低いことが多く、生育が鈍くて、なんか不安になる。
●普通のゴーヤの苗はホームセンターで十分。わざわざネットショップで買うことはないです。特定の品種ならネットショップで買う。

用土

水はけの良い土を好む理由

文章の修正酸素を必要とする
ゴーヤの苗は大量の酸素を消費するため、水ハケの悪い土…粘土質など…だと病気になりやすいし、根腐れしたり、枯れなくても呼吸ができずに根が全く生育しなくなる。根腐れ気味だからと、水やりを控えていたら、急激に回復してワサワサになることもある。なので用土は水はけのよいものにする。
大雨の後は庭植えでも窒息しがちなので水やりを控える。
●水捌けをよくするには、堆肥腐葉土、もしくは鹿沼土や川砂などを混ぜるといいです。
●ただし、株が育って、気温が上昇して、水を必要とするようになると、今度は水やりが追いつかなくなる。
●堆肥を多めに入れると収穫量が増える。

庭植えの用土

文章の修正庭植えの用土
酸性を嫌いますので、庭植えする場合は、植える前に土に苦土石灰を混ぜて起きます。苦土石灰の苦土はマグネシウム。マグネシウムが不足すると葉っぱが黄色くなって、つるが曲がる。石灰を混ぜて2週間ほど経ってから、そこに腐葉土か堆肥を2割ほど足し、緩効性肥料を少量、元肥としてやっておく。
●粘土質だと生育がまずいので、必ず川砂・鹿沼土などを混ぜて水捌けをよくする。

鉢植えの用土

文章の修正鉢植えの用土
水捌けの良い土を好みます。ゴーヤは根から酸素を吸収するので水捌けが悪いと生育不良を起こします。花と野菜の培養土で植えつけます。自作する場合は赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使います。培養土には肥料が配合されていて10号鉢一杯の培養土で苗一個を植えれば十分な収穫があります。
●土のリサイクル剤を使えば、連作障害はかなり予防できる。
●一般的な培養土にはマグネシウムなどの微量要素は入っているので追加する必要はないです。

連作障害について!

文章の修正去年と同じ土で植えないで
連作障害を起こすので毎年新しい土に植えてください。庭植えのときも過去二年ウリ科の植物を植えた場所には植えないでください。連作障害を起こすと病気・害虫に掛かりやすくなり、実つきも成長も悪くなります。
●土のリサイクル材を混ぜて使えば、ほぼほぼ問題ないです。

庭植えの手順

庭植えの手順
文章の修正庭植えの手順
深さ30cmから40cmほど掘り返して、その土に苦土石灰を混ぜる(中和とマグネシウム不足予防)。石灰を混ぜて二週間後に腐葉土か堆肥を2割ほど追加して、緩効性固形肥料を足して用土とする。用土を戻して、高さ10cm幅150cmの畝を作り、苗を植えていく。株間は最低でも2m空ける。できれば3m空ける。
●収量を増やし、安定して収穫するために株間は2m以上空けた方がいいが、これ以下でも栽培ができない訳じゃない。グリーンカーテンが主たる目的の場合は80cmから1m程度の間隔でもいい。

鉢植えの手順

鉢植えの手順
文章の修正ゴーヤは直径30センチの鉢に1株を植えます。
これが王道です。
直径30cmの尺鉢に1苗を植える。プランターの場合は65cmで2苗が普通だが、できればプランターでも1苗が好ましい。三つも植えると水切れを起こすし、根詰まりし、生育不良になる。できれば鉢植えではなく庭植え(畑)が適している。

鉢の底の穴を網で塞ぎ、その上に軽石を2cmほど入れる。その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていく。鉢を揺らすと隙間ができるので、また用土を詰めて、最後に鉢底から水が染み出すくらいに水をやる。水をやって凹むようなら土を足して完成。
●プランターならばギリギリまで土を入れる。土が多い方が良いから。というかプランターでは土が不足する。10号鉢に苗一つの方が良い。
●プランターは底にスリットがあるのか、水抜きの穴が二つのものを使う。一つしかないのだと水が抜けきれず、根が育たないことすらある。
●プランターに苗を5個植えても、育つことは育つ。ただ、水切れするだろうし、根詰まりするし、肥料切れもするから大変。
●よく横長のプランターに3株植えてることがあるんですが、あれはゴーヤにはキツイです。根が広がらず、茂りづらく、また土の量が少ないということは肥料も不足しますし、保水力が足りずに水切れが起きやすいです。
●横長プランターに3株でも茂るには茂るんですが、「思ったようにはならない」んです。必ず30センチの鉢に植えましょう。ホームセンターで売ってます。鉢は毎年使えますから(土は毎年新調しないといけない)。
鉢植えにすると葉っぱが小さくなる傾向。土の量・水・肥料とどの点をとっても庭植えに大きく劣るため。

関係記事・人気記事

ゴーヤ

ゴーヤゴーヤ
ウリ科
(ツルレイシ属)

ゴーヤの肥料

ゴーヤの肥料ゴーヤの肥料
ゴーヤの管理

ゴーヤの摘芯

ゴーヤの摘芯ゴーヤの摘芯
雑記

ゴーヤの葉が黄色くなったり萎れる理由と対処法

ゴーヤの葉が黄色くなったり萎れる理由と対処法ゴーヤの葉が黄色くなったり萎れる理由と対処法
ゴーヤの管理
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用