天使のクローバー・ビューティーの育て方

TOP > マメ科 > ……

天使のクローバー・ビューティー

天使のクローバー・ビューティー
科名マメ科
属名トリフォリウム属
学名Trifolium repens
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

文章の修正を申請する
赤葉のクローバー。育て方の詳細はクローバーを参考にしてください。
まとめ
●高温多湿に弱いため、地域と環境によっては夏に枯死する。
●寒さに強い。
肥料が多いと枯れる。
●窒素を土の中に取り込む性質がある。
●春の開花には寒さに当てることが必要。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正を申請する
鉢植えならば土が乾いたら水をやる。過湿が苦手なので多少乾燥気味がコツ。水をやるときは鉢底から水が出るくらいにやってください。
庭植えの場合は、自然に降る雨で十分です。ただし水切れしてしなびた場合は水をやってください。
肥料
肥料は基本的に不要。肥料が多いと枯れてしまいます。
生育期(3月から5月)あたりにあまりに元気がない場合は薄い液体肥料を二週間に一回程度やります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正を申請する
用土は一般的な培養土で、自作する場合は赤玉土腐葉土4か、赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを利用します。植え付けは「一般的な苗の鉢植えの方法」を参考にしてください。庭植えにする場合は、株同士を20センチは空ける。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
春は日当たりが良いですが、夏は高温多湿に弱いために日陰で涼しいところが好ましいです。鉢植えならば、その都度移動させます。庭植えする場合は最初から半日陰の風通し良いの場所に植えつけます。

マイナス10度まで耐えるので、寒さは問題ありません。あと冬は地上部が枯死しますが根まで枯れていなければ春に芽吹きます。

その他

文章の修正を申請する
アブラムシなどの虫が発生します。多湿だとカビが発生します。カビは風通しを良くすることで予防できます。

特徴・由来・伝承

文章の修正を申請する
赤いクローバー。たまにホームセンターなどに流通します。いつも流通しているとは言い難いので、見つけ次第購入するか、ネットで購入する。
管理用リンク
管理用