朝顔の下葉から黄色くなって枯れる理由と対処法

MENU
使い方 TOP
朝顔の管理のコツ>朝顔の下葉から黄色くなって枯れる理由と対処法

朝顔の下葉から黄色くなって枯れる理由と対処法

この項目の修正・提案をする
朝顔(アサガオ)は非常に強い植物で育てるのは簡単です。なので、枯らすことはほとんどありませんが、稀に問題が発生することがあります。ここでは朝顔の下葉から黄色く変色してしまうケースをまとめています。
朝顔の下端が黄色くなる理由のまとめ
根詰まり
根腐れ(水のやりすぎ)。
●水切れ。
●マグネシウム不足(意外と多い)。
●日光不足。
●古い土で植えている。
種子ができると枯れやすい。
スポンサードリンク

根詰まり・根腐れ・水切れ

この項目の修正・提案をする
根詰まり
根詰まりすると下葉から黄色くなっていきます。これは十分な大きさの鉢に植えていれば基本的には起きない問題です。朝顔を植えるときは直径30センチの俗にいう「尺鉢」に植えるのが理想。尺鉢に朝顔の苗を「一つ」です。それは理想で、もっと小さい鉢でもいいですが、最低でも7号鉢(直径21センチ)の鉢に植えましょう(もっと小さい鉢でも育つには育つが)。

根腐れ
朝顔は水を欲するものですが、ずっと土が濡れている状態だと根が窒息して根腐れを起こします。と、言っても朝顔の根腐れなんて余程です。梅雨の時に、雨ざらしにしていて、シトシト一週間、雨が降り続けたとか、そのくらいじゃないと根腐れしないです。梅雨の時期は軒下に移動させるといいです。

水切れ
長く水切れをすると黄色く変色します。短時間であれば萎れても元に戻ります。水切れしないように水をやるしかないです。どうしても水切れする場合は、半日陰に移動します。しかし、これは育てていれば「心当たりのあること」でしょう。
●水切れしやすいのは根詰まりも要因ですし、鉢が小さいのも要因。水切れ対策も「鉢を大きくする」です。

マグネシウム・古い土

マグネシウム・古い土
この項目の修正・提案をする
マグネシウム不足
光合成をする葉緑素にはマグネシウムが必要です。土(培養土)にはある程度はマグネシウムが含まれていたのですが、アサガオはよく茂るので消費が早く、全部を吸い上げてしまうと、朝顔の上の方の葉っぱの葉緑素に回そうとして下葉の葉緑素が抜けます。それで下葉が黄色くなります。これは春から夏にかけて、勢いよくしげる植物(ゴーヤなど)でよく見られます。苦土石灰を一握り、株元にパラパラと撒いて、水をやってください。苦土石灰の苦土は「マグネシウム」のことです。
●鉢が小さいと土が少なく、土が少ないと、用土に含まれるマグネシウムも少なくなり、下葉が黄色くなります。対処としては「苦土石灰を追加する」なんですが、そもそもこの症状が出るってことは鉢が小さい可能性が高いです。


古い用土で植えてないですか?
古い用土には肥料・マグネシウムなどの必要な栄養も少なくなっていたり、偏っていたり、また、病害虫が潜んでいることがありますので、やめておきましょう。
●ちゃんと処理していれば問題無いです。

日光・種子

この項目の修正・提案をする
日光不足
日光不足による生育不良でも下葉が黄色くなります。朝顔は夏の暑さ・夏の直射日光に負けないので、半日陰ではなくて、日当たりで育てます。グリーンカーテンにするくらいですから、夏には負けません。半日陰の程度によっては、日光不足になります。
日光不足による生育不良によって、土の水を吸い上げる力が落ちて、土が常時濡れていて、根腐れを起こす…なんて悪循環もありますので、とにかく日当たりで管理しましょう。

種子が出来ると枯れる傾向
朝顔の花が終わると、種子ができます。植物としては種子が出来ると役割が終わったということで、枯れ始めるものもあります。予防としては、花がしぼんだら、種子ができないようにマメに摘むようにします。しかし、まー秋まではそんなことはなかなか無いです。7月や8月上旬ならば、関係ないでしょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用