11月のハイビスカスの栽培

MENU
TOP>ハイビスカスの管理>11月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

11月のハイビスカスの栽培の管理


11月は気温が低下し、霜が降りる時期です。ハイビスカスは霜に当たると枯れます。霜で一発で枯れる訳じゃない!って人もいますが、かなりの強いダメージがありますので絶対に霜は避けます。
まとめ
●霜に当たる前に室内に取り込む。
●土が乾いてから数日経って水をやる。水を控えることで寒さに強くなる。
●開花しているなら肥料をやる。
●室内の日当たりで管理する。
剪定する。

水やりと肥料


11月には庭植えであっても、冬越しするためには掘り上げて鉢植えにします。なので水やりは鉢植えにだけです。土が乾いてから数日経ってから水をやるようにします。冬は温度が下がり、生育が鈍くなっていて、水を吸い上げる勢いが弱くなっています。水をやりすぎると、根が窒息して枯れてしまいます。

日光が当たって室温が高ければ、11月でも開花します。開花は割とします。開花するようであれば、水やりの間隔は短くしてもいいです。でも、基本は「控えめ」です。
●水やりを控えることで寒さに強くなります。水を控えれば5度まで耐えられます。
●冬の室内は乾燥していて、そのままだとハダニが発生します。ハダニ予防と乾燥を防ぐために、葉っぱに霧吹きで水をやると良いです。葉っぱの裏にも水をかけてください。

肥料
11月でも開花しているのであれば、薄い液体肥料を二週に一回程度やるといいです。開花していないのであれば肥料はやりません。生育していないのに肥料をやると株が弱ります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えが一般的ですが、庭植えしている人もいます。暖地の霜が降りない地域では戸外で越冬も可能です。ただし、ギリギリです。暖地でも鉢植えにして室内に取り込むのが無難。
掘り上げて鉢植えにして室内に取り込みます。

管理場所・日当たり

温度とハイビスカス
安全のために最低気温が15度以下になったら室内へ取り込むようにします。
室内の温度が12度以上を保てればハイビスカスは開花します。12度以上は普通はありえない温度なんですが、床暖房・高気密高断熱の家なら、何の問題もなく12度以上になります。
越冬するためには10度以上があった方がいいです。10度以下になると徐々に落葉します。ただこれは理想的なことで、水を控えることで寒さに強くなり5度まで耐えられるようになります。耐えられるといっても落葉はします。落葉するが枯死しません。水やりを控えて管理するのが普通です。
●落葉していても枯れた訳ではないならば、春になって温度が上がれば新芽が出ます。
●暖房の風は乾燥しているので、暖房の風に直接当たらないようにしてください。直接じゃなければいいです。
●寒波が来ると外気に近い窓の近くは、氷点下以下にまで下がることがあります。寒波が来る時期の夜は部屋の中央に移動させましょう。

日光に当てる
葉っぱがある限りは日光に当ててください。気温と日光があれば開花しますし、冬のダメージが大きいと取り返すのに時間がかかります。
スポンサードリンク

その他

剪定
冬前に剪定するといいです。株全体を三分の一から二分の一ほどにバッサリと切ってしまいます。この剪定は、冬は室内に取り込むハイビスカスが邪魔にならないようにし、水やりの頻度を少なくするためのものです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用