1月のハイビスカスの栽培

MENU
TOP>ハイビスカスの管理>1月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

1月のハイビスカスの栽培


1月になり、いよいよ寒さが本格化してきます。ハイビスカスは耐寒温度は5度とされるんですが、品種にもよりますし、他の植物が言うところの「耐寒温度5度」より寒さに弱いです。亜熱帯出身ですからしょうがないですね。暖地でも戸外で越冬するのは地域と品種を選びますので、鉢植えにして室内に取り込む方が無難です。
まとめ
●管理方法は12月と一緒。
水やりは控えめに。土が乾いてから数日経ってから水をやる程度。
●12度以上で開花する。開花するのであれば、それなりに水をやり、肥料もやる。
●空気が乾燥するので葉っぱに霧吹きをかけてやると良い(土への水やりは控えて葉水をやる)。
●窓は夜中に寒くなるので気をつける。夜中は室内の真ん中へ。

水やりと肥料

水やりは控えめに
冬は寒さで生育が止まっているので、水を吸い上げる力がありません。水やりを控えめにしないと、過湿になって根腐れをします。水やりを控えめにするってのは「頻度」です。土が乾いてから数日経って水をやってください。水をやるときは、鉢底から水が出るくらいにやってください。
●受け皿の水は必ず捨ててください。そのままにしていると、根腐れを起こします。
●室内の最低気温が12度以上を維持できていると開花します。開花するくらいの温度だとしっかりと生育しているので、水やりは多くなります。
●水やりを控えることで寒さに強くなります。


葉水
ハイビスカスは冬は室内で管理するものです。室内は暖房がかかっているのでとても乾燥しています。乾燥しているんですが、土への水やりは控えてください。その代わりに葉っぱに霧吹きで水をやります。
葉っぱに霧吹きをやるときに、葉っぱの裏にも水をかけてやるとハダニ予防になります。

肥料
冬は基本的には肥料をやりませんが、開花しているのであれば液体肥料を二週に一回程度やってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えはしません。

管理場所・日当たり

日当たりで管理
10度以下になると徐々に落葉して、5度くらいになると葉っぱがなくなってしまいますが、できれば日光に当ててください。日光が当たれば光合成をして多少なりとも生育します。冬のダメージが大きいと春以降の気温が上昇したときになかなか取り戻せないことがあります。

12度以上で開花
室内の温度が12度以上を保てれば開花します。家の環境によっては開花することが多いです。10度以下で活動が止まり、落葉し始めます。「落葉=枯れる」訳ではないです。

5度以下で枯死
霜に当たると枯れます。また5度以下…氷点下になっていると枯れてしまいます。暖地でもハイビスカスはかなり厳しいです。一般的な植物の「耐寒温度5度」より寒さに弱いですので。暖地でも室内で管理する方が無難です。室内で管理するんですが、日当たりがいいので窓のそばで育てることになります。しかし、窓は外気に近く、寒波が来ると氷点下になることもあります。するとハイビスカスは枯れてしまうので、夜は窓の近くは避けて室内の中央に移動します。
●品種によって耐寒性に違いがある。オールド系は強いが、コーラル系とハワイアン系は弱い。中でもハワイアン系は弱い。

その他

剪定
剪定はどの季節にする、というものではありません。いつやってもいいのですが、冬に室内で管理するときに邪魔なので(場所をとるから)剪定してもいいです。全体の半分か三分の一ほどに切り戻してしまいます。

カイガラムシコナジラミ・ハダニ
乾燥するとハダニが発生します。葉水をすることでハダニを予防できます。春から夏に戸外で管理しているので、そのときに虫の卵が土や葉っぱや枝に住んでいて、それが出て来ることがあります。環境によってはナメクジが出ることもあります。見つけ次第捕殺し、薬剤を散布します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

1月のハイビスカスの栽培の関連記事

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用