2月のハイビスカスの栽培

MENU
TOP>ハイビスカスの管理>2月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

2月のハイビスカスの栽培


一番寒い時期です。2月を乗り越えると3月。3月になると気温が上昇し始めて、徐々に活動を再開します。ここが踏ん張りどころです。暖かい場所で管理していくようにしましょう。ま、今までと同じなので、ここまで育ててこれたのならば問題ないでしょう。
まとめ
水やりは控えめに。
●受け皿の水は捨てる。
●12度以上だと開花するので肥料をやる。開花しないのであれば肥料はやらない。
●日光に当てる。
●窓のそばは外気に近くて寒くて枯れるかもしれないので注意。
●葉っぱの裏に霧吹きで水をやる。

水やりと肥料

土が乾いたら水をやる
土が乾いたら水をやります。土が乾いて数日経ってから水をやります。水は水道水から出たばかりのものではなくて、汲み置きしたものがいいです。水道水は冷たすぎて根を痛めるからです。ハイビスカスは亜熱帯出身ですから。

土が濡れているようなら、水はやらないでください。気温の低下で蒸発も少なくなっていますし、ハイビスカス自体もあまりの寒さで活動していませんから、水をやりすぎるとすぐに根が腐ってしまいます。(5度くらいだと)地上部の葉っぱが落ちているので、ぱっと見には変化がないかもしれないですが、ここで腐って枯れていることもあります。
●受け皿に水が溜まっていたら捨ててください。

葉水
室内は暖房がかかっていて乾燥しています。空気が乾燥して葉っぱがカラカラになるので、葉っぱに霧吹きで水をやるといいです。葉っぱの裏に霧吹きで水をやるとハダニ予防になります。土への水やりは控えますが、葉水はした方がいいです。
肥料
室温が12度以上を保っていると開花していることがあります。家の断熱性能が上がっているので開花していることが多くなっています。開花しているなら二週間に一回ほど薄い液体肥料をやってください。
開花していなら肥料はやらないでください。開花していないのに肥料をやると根が傷みます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えはしません。

管理場所・日当たり

暖かいところで管理
室温が最低気温10度以下になってくると葉っぱが落ちますが、落葉するのはハイビスカスが冬を乗り切るための防衛で、健康的な反応です。で、5度以下になってくると枯れます。霜に当たればほぼ一発で枯れます。
昼間は暖房のかかった部屋の日当たりで管理します。窓の近くですね。しかし、窓の近くは外気が近く、寒波が近づくと窓の近くは外気と同じくらいの温度になることがあり、そのままだとハイビスカスは寒さで枯れてしまいます。寒波が来たら窓から離して部屋の中央に置いてください。
●窓の近くでも地域によっては5度以下にはならないので、ケースバイケースで。温度計を窓の近くに置いて測っているといいです。

暖房のかかった部屋は寝るときに暖房を切っても、暖かい空気が残っていて明け方でも5度以下になることはほとんどないんで、昼間に暖房がかかっているリビングなどで管理します。ただし、窓の近くは危険なので特に夜中は窓から離してください。

その他

カイガラムシコナジラミ・ハダニ
冬は室内が乾燥します。乾燥するとハダニが発生します。葉と葉っぱの裏に霧吹きをかけることでハダニを予防できます。春から夏に戸外で管理しているので、そのときに虫の卵が土や葉っぱや枝に住んでいて、それが出て来ることがあります。環境によってはナメクジが出ることもあります。見つけ次第捕殺し、薬剤を散布します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

2月のハイビスカスの栽培の関連記事

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用