4月のハイビスカスの栽培

MENU
TOP>ハイビスカスの管理>4月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

4月のハイビスカスの栽培


4月に入り、気温は上昇。日光も強くなってきて、ハイビスカスは活動を開始します。目に見えて生育し始めます。しかし4月はまだ中間地でも寒の戻りで霜が降りることがあります。関東では4月の下旬でも霜がおりますし、稀にではありますが5月の第一週に霜が降りることがあります。なので、4月はまだ室内の日当たりで管理するようにします。
まとめ
●気温が上昇し、生育し始める。
挿し木・接ぎ木をして下部を増やすことができる。
●まだ室内の日当たりで管理する。
●寒波に注意。4月は中間地でも、まだ霜が降りる。
●開花している株には肥料をやる。
●徒長枝は切り戻すとよい。

水やりと肥料

水は控えめだが
4月になり気温が上昇し、ハイビスカスは活動を始めるますので、水を欲しています。土が乾いたら間を空けずに水をやるようにします。ただしそれは葉っぱが出ているハイビスカスだけ。葉っぱが出ているハイビスカスは水切れしないように気をつけます。
しかし、葉っぱが出ていないか、まだ葉っぱが少ないハイビスカスの鉢への水やりはこれまで通りに、土が乾いてから数日経ってから水をやる程度にします。じゃないと根腐れを起こして枯れてしまいます。
●受け皿の水は捨ててください。
●暖房がかかっている部屋は乾燥しています。不足ぶんは葉っぱへ霧吹きをかけてやる葉水で給水してください。

肥料
室内の温度が高いと開花しています。開花している株には二週間に一回ほど薄い液体肥料をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

最低温度が10度以上を確保できるのであれば植え替えも可能。

挿し木や接ぎ木も室内で10度以上を確保できるなら可能です。新しい芽を10センチほどの長さで切って、土に挿していると発根します。購入して一年目のハイビスカスは小さく育つ「矮化剤」が施してあるので挿し木には適していないのですが、冬を越したハイビスカスでは効き目がなくなり、挿し木に適しています。夏に向けて株を増やしたいのであれば、4月から挿し木で増やしましょう。

管理場所・日当たり

暖地であれば戸外でも
霜の降りない暖地で最低気温が10度以上ならば、戸外に出しても大丈夫ですが、まだ室内の日当たりで管理するのが無難です。

室内の日当たりで管理
これまで同じ管理をします。室内の日当たりのいい場所で管理します。室内のリビングなど昼間は暖房がかかっている部屋ならば明け方の一番寒くなる時でも、5度以下になりません。これならば枯れることはありません。ただし、窓の近くは外気が近く、寒波がくれが氷点下になり枯れますので、寒いならば室内の中央へと移動させます。
●気温が上昇しているので、日光に当てるとしっかり発育し開花する株もあります。
●関東でも4月下旬までは霜がおり、5月最初の週は非常に稀ですが霜がおります。霜に当たればハイビスカスは枯れますので、避けなくちゃいけません。昼間は戸外で、夜は室内へ入れるのであれば問題ないですが、そりゃ面倒ってもの。室内の日当たりがまだ無難です。
スポンサードリンク

その他

徒長枝を切り戻す
ハイビスカスは夏の日差しをガンガン浴びて生育するものですから、冬の室内の日差しに当たっても本来は「不足」です。だから徒長気味なんです。徒長は「ひょろ長」く生育することです。放置していると、格好が悪いです。
そこで、この徒長枝は新しく伸びた部分を一節か二節ほど残して切り戻すとよいです。これから節から脇芽が出てコンモリと仕上がりますので、切り戻しましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用