6月のハイビスカスの栽培

MENU
TOP>ハイビスカスの管理>6月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

6月のハイビスカスの栽培


気温が上昇し、生育が旺盛になります。開花は本格化します。店頭には開花した株が並びます。ここからは勢いよく生育させるために、水切れや肥料切れを気にしなくちゃいけなくなります。これまでとは逆ですね。
六月の中旬・下旬あたりから梅雨入りします。ハイビスカスは梅雨に弱いわけじゃないんですが、日照不足と過湿で腐ってしまうこともあるので、弱い株は要注意。鉢植えの場合は、雨の当たらない場所に移動させたほうがいいです。
まとめ
●水切れしないように。
肥料切れしないように。液体肥料でも緩効性固形肥料でも。
●日当たりで管理。ただし梅雨の間は、過湿を避けて雨の当たらない場所が良い。
●買ったばかりの株は植え替えると良い。

水やりと肥料


土が乾いたら水をやる
五月以降、地域によって、管理場所によって日差しが強くて温度も高くて、場合によっては水切れすることがあります。土が乾いていたら水をやるようにします。しかし、六月の中旬から下旬は梅雨入りして、過湿になりやすいです。長雨が続いて、雨ざらしになっていると根腐れすることもあります。そういう時は雨の当たらない場所に移動させ、水やりは控えてください。
●受け皿に水が溜まっていたら、水は捨ててください。
●水をやる時は鉢底から水が出るくらいにしっかりとやる。

肥料を切らさない
開花が本格化したら、肥料が切れないようにします。一週間に一回、液体肥料をやります。ハイビスカスは一日でしぼむ花が毎日開花する植物です。よって肥料を欲していて、肥料が切れると開花が止まります。開花が止まったハイビスカスって悲しいので、必ず肥料は追加するようにしてください。
●一ヶ月に一回、緩効性肥料を置いてもいいです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

5月6月は植え替え・挿し木・庭植えが可能な時期です。できれば梅雨前の5月6月に植え替え・挿し木・庭植えを済ませてしまいましょう。

店頭で販売しているハイビスカス
花屋さんで売ってるハイビスカスは、地上部に対して鉢が非常に小さく仕立ててあります。このままでもいいのですが、鉢が小さいために夏の高温時期にいっくら水をやっても水切れすることがあります。そこでひと回りか二回りか大きな鉢に植え替えをすることで、問題を避けることができます。それに、ハイビスカスに限らず、「根が広がる=枝葉が広がる」ものですから、大きな鉢に植え替えることで枝葉が増えて開花も増えます。とにかく一手間でいいことづくめ。植え替えるというのも選択肢に入れてあげてください。
植え替えは以下のリンクを参考に。

管理場所・日当たり

日当たりで管理する
日光が不足すれば、花が少なくなりますので、基本的には戸外の日当たりで管理します。梅雨の間も、戸外の雨ざらしでもいいですが、長期の長雨にで日光が少ない場合は、過湿で根腐れすることもあります。軒下の雨の当たらない場所で管理するのが無難です。株が弱い場合も雨の当たらない場所で管理します。
スポンサードリンク

その他

アブラムシカイガラムシ
病害虫が発生します。見つけ次第捕殺し、薬剤を散布します。アブラムシはオルトラン。カイガラムシは成虫はハブラシなどで削ぎ落として、薬剤を散布します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用