5月のハイビスカスの栽培

MENU
TOP>ハイビスカスの管理>5月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

5月のハイビスカスの栽培

5月になると本格的にハイビスカスが活動を始めます。しかし、寒冷地ではまだ霜が降りることがありますし、関東でも5月の第一週はごく稀ですが霜がおります。ハイビスカスは霜に当たればほぼ一発で枯れてしまいますので、寒い夜は取り込むなど気を使わないといけません。
まとめ
●戸外の日当たりへ移動する。ただし、まだ霜が降りる地域もあるので注意。
●寒の戻りがある場合は室内へ移動させる。
●植え替える時期。
挿し木接ぎ木もやる時期です。
水やりを増やし、開花するなら肥料をやる。
切り戻しをしておく。

水やりと肥料

土が乾いたら水をやる
これまでは活動の鈍い株は「土が乾いてから数日経って水をやる」でしたが、土が乾いたら水をやるようにします。それでも夏のような活発な生育ではないので、乾き気味に管理するのがコツです。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやり、受け皿の水は捨てるようにしてください。

肥料
ハイビスカスは最低気温12度以上で開花します。すでに開花している株も多かったでしょうが5月になれば、その率は高くなります。開花しているならば、薄い液体肥料を二週に一回ほどやってください。ハイビスカスは次々に開花するので肥料が切れると花が止まります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替える時期です
去年の春に植え替えた鉢は、4月5月あたりで植え替えをしないと、夏までにガッツリ根詰まりを起こします。去年買って冬越ししたハイビスカスもそう。根詰まりを起こすと、夏にどんなに水をやっても水切れしちゃいます。そうなれば枯れる。というわけで、必ず植え替えをしておきましょう。
●霜が降りないならば庭植えも可能。庭植えした場合は、秋には掘り上げて鉢植えにして室内に取り込む。

庭植え
庭植えも可能です。地域によっては戸外で越冬できますが、大抵は秋に掘り上げて鉢にしないといけないですが、庭植えという手もあります。

庭植えも

挿し木と接ぎ木も
挿し木と接ぎ木のできる時期です。適した時期です。色々と忙しいですがチャレンジしてみるのもいいですよ。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで管理
気温が上昇し、霜が降りないならば戸外で管理するようにします。日光に当たると葉っぱが増えるし、何より開花します。

ただし、長い間、室内の不十分な日光の中で育てていたために、いきなり強い日光に当てるとハイビスカスでも「葉焼け」することがあります。葉焼けしても、そのまま生育していれば、日光に強い新芽が出てきて入れ替わってしまうので、そんなに気にすることもないんですが、出来れば、いきなり戸外の日光に当てずに、戸外の明るい日陰で10日、戸外の半日陰で10日と慣らしてから日当たりに出すといいです。ま、家によってはそんな場所はないですし、そんなに気にしないでもいいですよ(ベランダ栽培とかだとね)。

その他

徒長枝を切る
冬に室内で管理してると、日光不足でひょろ長の枝が出てきます。これを徒長枝と言います。これから日光を浴びてしっかりした株にするためには、切り戻しておくといいです。伸びた枝を一節か二節残して切り戻します。これで葉っぱの根元から新しい枝が出てきてこんもりを仕上がります。

5月に切り戻しをしておけば、夏に向けてしっかりと育ちやすいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用