ハイビスカスの挿し木の方法とまとめ

MENU
TOP>ハイビスカスの管理>ハイビスカスの挿し木の方法とまとめ
スポンサードリンク

ハイビスカスの挿し木の方法とまとめ


まとめ
挿し木に適した時期は5月から9月。ただし8月は高温すぎてダメ。
●買って一年目は挿し木しないこと。冬越しした2年目から。
●木質化した枝を10センチとる。
●水揚げする。
●発根剤を塗ると良い。
●浅い鉢に赤玉土小粒を入れて、枝を挿す。
●風のない明るい日陰で管理する。
●十日は毎日水をやる。その後は土の表面が乾燥してきたら水をやる。
●発根するのは一ヶ月後。発根したら普通に植える。

手順1挿し木の枝を用意する


挿し木する枝を取る!
ハイビスカスの木質化した枝を10センチほど切り取り、枝の下の方の葉っぱはむしります(土に刺すから)。上の方の葉っぱは適宜残します。
●適宜って具体的にどのくらいなの!?って話になるんですが、「何枚」ってことじゃないんですね。特に、新芽を使うことが多いので小さな葉っぱがあって、「何枚」とは言えない。発根するためにはある程度の葉っぱは必要ですが、葉っぱが多すぎると発根する前に葉っぱを維持するエネルギーが切れて、へたってしまいます。
●葉っぱの量が分からないので、何個も挿し木の枝を作っておきましょう。何度も繰り返してコツを掴んでいきます。
●ツボミは根元から落とす。
●切り口を斜めにすると水揚げがよく、発根しやすい。
●節から発根するので、土に挿すところに節が来るように切る。
●葉っぱの根元から新芽が出るので、それがあるようにすること。

水揚げ!
水揚げします。水揚げというのは、水につけて枝と葉っぱに水を行き渡らせることです。これをしておかないと、土に挿してもしばらくするとヘタってしまいます。

まずは枝の切り口を水で洗ってください。切り口からはネチャネチャした樹液が出てきています。これはハイビスカスが切り口を塞ごうとする防衛本能なんですが(人間でいうとカサブタを作ろうとしている)、塞がれてしまうと、土に挿していても水をあげられずに、枯れてしまいます。この樹液が出なくなるまで洗い、その上で、コップに水を張って、切り口を水につけておきます。葉っぱが浸からない程度の深さの水につけてください。水につけるのは1時間です。
●挿し木の切り口に発根促進剤を塗ると発根しやすくなります。
スポンサードリンク

手順2土に挿して発根まで

鉢と用土を用意する
鉢の大きさはなんでもいいです。用意した挿し木の枝が入る程度のものです。深さの浅い鉢でいいです。その鉢の底に網を敷きます。網はホームセンターで売っています。編みを敷くことで土が流れでないようにします。
その上に「赤玉土小粒」を入れます。赤玉土だけでいいです。もしくは鹿沼土7ピートモス3を混ぜたものを使います。ただ、配合は面倒なので、赤玉土小粒でいいでしょう。
最後に水をやります。鉢底から水がしみ出したら準備完了です。
●ここで大事なのは、土の配合の内容ではなくて、「清潔か否か」です。使ったことのある土ではなくて、買ったばかりのまっさらな土を使ってください。雑菌が繁殖している用土では切り口から入り込んで枯れてしまうかもしれません。
肥料腐葉土は絶対に入れない。一般的な培養土には肥料と腐葉土が入っているので使わない。
●鉢底に軽石は入れてもいいが、別に入れなくてもいいので、普通入れない。

挿し木の枝を挿す!
鉢と土が用意できたら、そこに挿し木の枝を挿します。
葉っぱ同士が多少触れる程度の間隔…具体的には数センチです…で挿します。深さは2センチから3センチ。

その後の管理
風の当たらない、明るい日陰で管理します。風が当たるとスポっと抜けてしまいます。日向で管理すると、葉っぱからの蒸発量が多くなって、しおれてしまいます。十日ほどは毎日、水をやります。乾燥すると発根せずに枯れてしまいます。その後は土が乾ききる前に水をやる程度に水やりを控えます。そうして一ヶ月後に発根します。発根したら、挿し木を通常の鉢に植え替える。用土も一般的な用土に切り替える。これで挿し木で株を増やせます。
スポンサードリンク

雑記

向き不向きがある
オールドタイプ(在来形)とコーラルタイプは挿し木で増えるのですがハワイアンタイプは性質が若干弱く、挿し木は厳しいです。ハワイアンタイプは接ぎ木で株を増やします。
適した時期は?
5月から9月が「適した」時期です。中でも6月7月上旬は最適。8月は高温すぎて避けるべきです。
挿し木は室内であれば3月下旬あたりから可能です。3月になれば気温の上昇とともにハイビスカスは新芽を出し始めます。この新芽で株を増やして行くと、春から秋にかけて、たくさんのハイビスカスを増やすことが出来ます。6月7月は挿し木に適してはいるんですが、挿し木株が大きくなって開花して満喫する前に秋が来るんですよね。
挿し木は越冬した2年目以降
店頭で販売しているハイビスカスには矮化剤がしてあって、小さくまとまるようにしています。この薬の効果があって、例えば6月7月にハイビスカスの鉢を買って挿し木しても、その挿し木株は大きくなりにくいです。この効果が切れるのは冬越しして2年目の株から。
冬越しした2年目のハイビスカスから挿し木に挑戦しましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用