3月のハイビスカスの栽培

MENU
TOP>ハイビスカスの管理>3月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

3月のハイビスカスの栽培


3月になると気温が上昇して、日光も強くなってきます。といっても、戸外で管理するほどに暖かくはありません。まだ中間地(=霜は降りるが雪深くない地域)では霜が降りることがありますし、寒冷地ではまだ雪が降ります。無理に戸外に出さずに室内の日当たりで管理します。
まとめ
●まだ水やりを控える。
葉水をやる。
●花が咲いたり、生育するようであれば水をやる。
●花が咲くなら肥料をやる。
●日光に葉焼けするかも。
●5度以下になると枯れる。窓の近くでは寒波が来ると氷点下になるかもしれないので、夜中は室内の真ん中に移動させる。

水やりと肥料

土が乾いてから水やり
基本的にはこれまでの管理と同じです。土が乾いてから数日経って水をやります。鉢底から染み出して受け皿に溜まった水は捨ててください。ただし12度以上だと開花します。開花するほどに温度が高いと水を吸い上げるので、土が乾いてから待たずに水をやるようにします。
●気温が高くなると、ニョキニョキ生育します。生育するようであれば水やりの頻度を増やしてください。
●過湿になると根腐れする。

葉水
室内は暖房がかかっていて空気が乾燥します。霧吹きで葉っぱに水をやって乾燥を防ぎます。乾燥するとハダニが発生するので葉っぱの裏にも水をやるようにします。
肥料
花が咲くようだと肥料が必要です。開花しているならば、二週間に一回ほど薄い液体肥料をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えはまだ早いです。
参考室内であれば挿し木も可能です。
ハイビスカスの挿し木の方法とまとめ

管理場所・日当たり

日光に葉焼けするかも
3月になると日差しも強くなります。本来のハイビスカスは真夏の日光大好きなんですけど、10月あたりから室内に取り込んでいるので、ハイビスカスは強い日差しに当たっていません。するとハイビスカスは日光に耐性がなくなっているんですね。3月の日光に当てるとハイビスカスの葉っぱが葉焼けすることがあります。
葉焼けは日光に負けて葉緑素が抜けてしまうことです。葉焼けすると黒くなり、いずれは白く変色します。
予防するためには、徐々に日光に慣らすようにします。まずは一日2時間から3時間だけ当てて、徐々に時間を増やしていきます。

5度が耐寒温度
ハイビスカスの耐寒温度は5度。ハイビスカスは水を控えることで寒さに強くなります。水を控えることで5度まで耐えるようになります。ただし品種によるので、もうちょっと弱いこともあります。
家は明け方に一番寒くなりますが、リビングなど昼間に人が生活していて暖房がかかる部屋では昼間の暖かさが残っていて5度以下にはそうそうなりません。だからリビングで管理します。ただし、リビングでも窓のそばは外気が近いので寒波が来ると、まだまだ氷点下になることがありますので、夜中は室内の中央…窓から離してください。

その他

室温が高くなって徒長する…
室温が高くなって環境によってはハイビスカスがよく生育しだします。といっても、日光不足気味ですし、気温も足りないですから、徒長気味なんです。徒長は「ひょろ長」く生育することです。放置していると、格好が悪いです。
そこでこの徒長枝は新しく伸びた部分を一節か二節ほど残して切り戻しておくと、節から脇芽が出てコンモリと仕上がりますので、切り戻しましょう。
病害虫
冬は室内が乾燥します。乾燥するとハダニが発生します。葉と葉っぱの裏に霧吹きをかけることでハダニを予防できます。春から夏に戸外で管理しているので、そのときに虫の卵が土や葉っぱや枝に住んでいて、それが出て来ることがあります。環境によってはナメクジが出ることもあります。見つけ次第捕殺し、薬剤を散布します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用