12月のハイビスカスの栽培

MENU
TOP>ハイビスカスの管理>12月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

12月のハイビスカスの栽培


12月になると地域によっては雪が降り、霜がおります。そういった地域では戸外においていると寒さで枯れてしまいますので、室内に入れます。室内でも寒さで生育が止まります。暖地では戸外で越冬することもありますが、品種にもよりまし、暖地の中でも暖かいところだけです。暖地であっても室内で管理するのが無難です。
まとめ
●土が乾いてから、数日経って水をやる。
●水のやりすぎに注意。
●日当たりで管理する。
●開花しているなら肥料をやる。

水やりと肥料

水を吸い上げないので乾燥気味に
冬は室内の温度が昼間は暖房がかかっていて15度とか20度とかになっているんですが、寝るときに暖房を切るので明け方には5度くらいまで室温が下がります。なので、基本的にこの時期のハイビスカスは活動をしていません。なので、水は控えめにします。

土が乾いて土が白くなってから数日経って水をやる程度。水をやって、受け皿に水が溜まっているようであればこまめに捨ててください。放置していると根腐れを起こして枯れてしまいます。
●水は水道水の水をそのままあげるのではなく、汲み置いて室温にしたものをあげるか、ポットの水を足して暖かくしたものをあげてください。
●冬の室内は暖房がかかっていて乾燥しやすいので、土への水を控える代わりに葉っぱに霧吹きで水をやるといいです。ハダニ予防にもなります。葉っぱの裏にも水をかけるようにしてください。

12度以上で開花する
最低気温12度以上で開花します。暖地でも12度以上は無理なんですが、床暖房で高気密高断熱の家だと、何の問題もなく12度以上になり、冬の間も開花し、生育します。すると土が乾いてから数日経って水をやるというのでは水不足になります。

肥料
12度以上を維持して開花しているのであれば肥料をやってください。二週間に一回液体肥料をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えはしません。

管理場所・日当たり

室内の日当たりで管理
最低気温が10度以上であればほぼ落葉せずに越冬します。その場合は、しっかりと日光に当ててあげてください。変化は少ないですが生育しています。10度以下になると徐々に落葉して5度くらいになるとほぼ丸裸になります。でも、5度以上であれば、落葉しているだけで枯れているわけではないです。葉っぱがないならば日光に当たっていなくてもいいですが、それでも日光が当たった方がいいです。あと、枯れていないので水をあげてください。水を一切やらないでいると根まで枯れてしまいます。
●12度以上なら開花もしますので、日光に当ててください。
●暖房の風には当てないでください。暖房の風はひどく乾燥しているので、そのまま枯れてしまいます。
●寒波が来ると窓の近くは氷点下近くまで下がります。夜は部屋の中央に移動させましょう。

その他

剪定
大きく育ったハイビスカスは邪魔なので、株全体を三分の一から二分の一ほどにバッサリと切ってしまってもいいです。剪定はいつでもできますが、冬に剪定するのは、邪魔だから小さくするためってのと、地上部(枝)を減らすことで水やりの頻度を減らすためです。
カイガラムシとかコナジラミとか
ハイビスカスは春から秋に戸外で管理するものなので、葉っぱや土の中に虫が住んでいることがあって、これが出てくることがあります。カイガラムシはハブラシで削ぎ落として、コナジラミは薬剤を散布して殺してください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用