10月のハイビスカスの栽培

MENU
使い方
TOP>ハイビスカスの管理>10月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

10月のハイビスカスの栽培


この項目の修正・提案をする
気温が低下していますが、まだまだ開花の時期。ハイビスカスは株が充実していて、条件が揃えば12度以上で開花します。なので最低気温が12度以下になったら室内に取り込んでしまってもいいです。ちなみに霜に当たると枯れてしまうので、忘れないように取り込むようにしましょう。
まとめ
●まだ開花するが、気温が12度以下になったあたりから室内へ取り込む。
●10度以下になると落葉し始め、5度以下で枯れる。それまでに取り込む。霜に当たると枯れる。
●開花する株はまだ水を欲しがるので水切れしないように。
●土が乾いたら水をやる。
●開花するなら肥料もやる。
●室内に取り込むときに強剪定しても良い。
●室内の日当たりで管理する。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
開花するならば水をまだまだ必要とする
気温が下がるとハイビスカスの活動・成長は鈍くなります。それでも12度以上で開花します。開花するとしっかりと水を吸い上げるので、水切れしないように気をつけてください。水やりは土が乾いていたらやるようにします。10月になるとこれまでのように毎日とは限りません。土に触ってみて、濡れているようならば水やりはしないでください。
●受け皿の水は捨ててください。

肥料
開花している株は肥料をやってください。一週間に一回程度、液体肥料をやります。肥料が切れると開花しなくなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
庭植えの株を掘り上げる
ハイビスカスが越冬できる地域は限られていて、庭植えしたものでも秋には掘り上げて鉢植えにしてから室内で管理するようにします。

植え替えもできるが
根詰まりしている鉢は植え替えしても構いませんが、これ以降、寒さでほとんど生育しないので、多少の根詰まりは気にしないで春に植え替えをするようにします。ただ、冬の間も12度以上を保てる環境ならば、ハイビスカスは生育するので根詰まりが進みます。植え替えた方がいいです。植え替えるのであれば、古い土を落とさずに一回り大きな鉢に植え替えをします。
●冬でも12度以上の環境で生育するのであれば、今月植え替えじゃなくても、いつ植え替えても問題ないです。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
あくまで日当たりで管理
最低気温が12度以上であれば戸外で管理し、しっかりと日光に当てて生育させます。10度以下になったあたりから生育しなくなるので室内で管理します。5度以下になると枯れるので、それまでに室内に取り込まないといけません。忘れないようにしましょう。

室内でも日光に当てて出来るだけ生育させ、落葉しないようにします。落葉しても枯れるわけじゃないんですが、冬のダメージが蓄積して、春にそのダメージの回復に時間がかかると開花が遅れます。出来るだけ暖かい場所で日光に当てて育てるようにしてください。
●室内は温度が高く、開花します。開花が止まってから、剪定してもいいです。
スポンサードリンク

その他

この項目の修正・提案をする
剪定
ハイビスカスは全体を半分から三分の一に切り戻すことで、脇芽が出て株が大きくなります。この剪定はいつやってもいいのですが、枝先に花が咲くハイビスカスにこの剪定をするとしばらく開花しなくなるので、春から秋の間は普通はしません。そこで秋の終わりや冬や春の前に剪定することが多いです。

これから3月4月までハイビスカスは室内で管理することになります。室内で管理するにあたって大きな株は邪魔です。そこでこの強剪定を今の時期にやっておくことが多いです。地上部を切り戻すことで、管理スペースが確保できますし、水やりの頻度も少なくなって管理しやすくなります。
●室内で管理していると、室温が高いので開花しやすいです。開花が終わってから剪定してもいいですが、気にしないなら室内に取り込むときにバッサリやっても構いません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用