9月のハイビスカスの栽培

MENU
使い方
TOP>ハイビスカスの管理>9月のハイビスカスの栽培
スポンサードリンク

9月のハイビスカスの栽培


この項目の修正・提案をする
9月になってもまだ暑いです。乾燥に気をつけて水やりをしてください。ただ気温が下がってきて開花シーズンになります。肥料が切れないようにもしてください。
まとめ
●まだ高温です。水やりをしっかりと。
●開花するなら肥料を。
根詰まりしているようならば植え替えをする。
●台風が来たら風を避けるために室内か、風の当たらない場所に移動。
●コンクリの床の上に直接置かない。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水切れしないように
8月よりは暑さは和らいでいるものの、まだ高温です。ハイビスカスは熱帯の植物ではなくて亜熱帯の植物で実が意外と暑さに弱いです。特にハワイアン系は暑さに弱く開花も止まってしまいます。35度以上だと駄目。開花が止まる。
朝にしっかりと水をやります。昼に水をやると水が沸騰して根を傷めてしまいます。夕方も土の状態を見て、乾燥しているようならば水をやってください。
●受け皿の水は捨ててください。

肥料
9月になるとまた開花し始めます。開花しているようならば肥料が必要です。液体肥料を週に一回やってください。肥料をやって、日光に当たっても、開花しないのであれば根詰まりを疑ってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
根詰まりするようならば植え替えも
9月になり最高気温が30度以下になって、肥料も切れていないのに開花しないのであれば、根詰まりかもしれません。鉢底から根っこが出ているならば完全に根詰まり。
植え替える時は、鉢から株を取り出して、一回り大きな鉢に植え替えてください。その時に、古い土を一切落とさないで植え替えてください。するとダメージがほとんどなく植え替えが出来ます。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりで
日光が不足すると開花しなくなりますので日当たりで育ててください。ただし、水やりしても水やりしても水切れするならば、半日陰に移動させます。
台風対策
9月は台風の月。台風が来て風が直撃すると、葉っぱが落ちたり、枝が折れてしまいます。枝が折れると9月10月の開花シーズンなのにダメージを取り戻すのに精一杯になって開花しなくなります。
そこで、台風が来たら室内に移動させるか、風の当たらない場所に移動させます。室内に置く場所が無いならば、鉢を倒して転がらないようにして、風対策とします。
コンクリの床に置かない
コンクリに日光が当たると高温になって、コンクリの床の上にハイビスカスの鉢を置いていると根が高温で傷んでしまいます。台の上に置いて、直接置かないようにしてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ハイビスカスの管理の仲間


ハイビスカスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用