基礎知識…植物の植え替えについて

MENU
使い方 TOP
ガーデニング基礎知識・雑学>植え替えの基礎

植え替えに必要なもの

植え替えに必要なもの
この項目の修正・提案をする
●一回り大きな鉢
●軽石
用土(かならず新しい土を)
●鉢底に敷くアミ

まず、古い鉢から株を引っこ抜きます。根が詰まっていると、なかなか抜けません。鉢を叩いて揺さぶっても抜けない場合は、最悪割ってしまいます。プラスチック鉢の場合はペンチなどで強引に引き裂いてしまいます。

そうやって引っ張り出した株の古く変色した根を取り除いたり、少し根を整理してやります。ただし、植物によっては根を切られると、ストレスになって枯れることもあります。各解説ページを参考にしてください。

新しい鉢の底の水が出る穴にアミを敷いてその上に軽石をいれ、用土を2センチほど入れてから、株を置いて、株の周りに土を流しいれます。新しい土はフカフカしているので、ただ流し込むと株の周囲が凹んでしまうので、少し押さえて詰めてやります。あんまり押さえると根が傷むので、ほどほどに。

土を入れ終えても鉢のふちまで少しゆとりがある状態になっていると、ベストです。このゆとり部分はウォータースペースとか水しろとか呼ぶこともあります。後で水をやるとき一時的に水たまりとなる空間です。鉢のふちいっぱいまで土を入れてしまうと、後で水を注いだ時に土と水の両方がいっぺんに鉢から流れ出てしまいます。何センチ分設けたらよいかは鉢の大きさなどによりますが、1.5~3センチほどでしょうか。

最後に水を注いで、終了です。鉢底からちゃんと水が出てきましたか??

これが基本的な植え替えです。
スポンサードリンク

用土について

用土について
この項目の修正・提案をする
このサイトの植え替え項目に、赤玉土とか腐葉土とか配合について書いてありますが、ハッキリ言ってしまうと、鉢やプランターに植える限りは「花と野菜の土」だけで十分です。あくまで、配合したものの方がより良いという程度です。

もちろん例外もあります。ミズゴケで植えるものもあります。また、酸性土壌でないと育たないサツキツバキアザレアブルーベリーフランネルフラワーなどは、酸性の土で植えないといけません。最近は専用の土が売られていますので、そちらを利用します。

あと、植え替えは必ず新しい土でしてください。枯れた鉢の要らない土を詰めたりしないでください。一度何かを植えた土には菌と虫が繁殖し、栄養が偏っていますので成長不良や病気が起きます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ガーデニング基礎知識・雑学の仲間


ガーデニング基礎知識・雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用