モンステラの茎は太くならない…植替えで解決

MENU
使い方 TOP
雑学>モンステラの茎は太くならない…植替えで解決

モンステラの茎は太くならない…植替えで解決

この項目の修正・提案をする
まとめ
モンステラの茎は、後から太くならない。
●性質上、根元の茎が細く、上の方が太くなる。
バランスが悪い。見た目も悪いが、グラグラする。
●植替えをすることで対処する。
●植替えの時に、細い茎が土の中に入るように植え替えをする。
●もしくは気根から出た根を新しい根として仕立て直す(本の根っこは廃棄)。
スポンサードリンク

モンステラの茎の構造

この項目の修正・提案をする
樹木の場合だと年輪ってありますよね。あれは外側にどんどんと成長していって、幹が太くなってるからこそです。だから根元のほうが太い(そうじゃないと大きく育てないし)。だけど、モンステラにはそういう機能がついていません。
なのでモンステラって一旦、茎の太さが定まったら、後から成長しても太くなることはないです。となると、根元の茎が細くて、上に行くほど太いというアンバランスな状態になります。

これはどうしようもない。
解消する方法は「植替え」をして深く植えるしかないです。

植え替えの方法1

植え替えの方法1
この項目の修正・提案をする
普通に植え替えをします。その際に深く植えます。
植え替えは春から初夏。5月から7月に行うといいです。鉢から取り出し、古い土を落として(古い土を全て落としてもいいです)、そして希望の感じに深く植え替えをします。細い茎が埋まるようにすればいいです。モンステラは気根を伸ばします。その気根も土に触れれば細い普通の根っこを出します。そのくらい発根はいいものですから、深く植えても発根して生育します。
植え替え後は水をやらない
植え替えたら、水をやらず、二週間ほどは水をやらずに様子を見ます。このとき、水をやると根腐れを起こしやすいです。
用土
用土は観葉植物の土に赤玉土を3割か4割混ぜるか、赤玉土7ピートモス3を混ぜたものを使います。

植え替えの方法2

植え替えの方法2
この項目の修正・提案をする
根元の細い茎は廃棄し、その下の根っこも捨て、そこから上の「気根」を新しい「根」として植え替えをします。気根は土に達すると普通の細い根を出します。モンステラを育てていると、気根は出るもので、これが下へと伸びて、土に入っているでしょう。これを根として植え替えをします。
手順
まずは古い鉢から抜き出し、古い土と元の根を落とします。
細い茎は廃棄するか、仕立て直して新しい株にしてもいいです。

後は普通に植え替えをします。用土は観葉植物の土に赤玉土を3割か4割混ぜるか、赤玉土7ピートモス3を混ぜたものを使います。植え替え直後には水をやらず、二週間は水をやらないようにします。うまくいけば根付いて生育します。
長く大きくなったモンステラを2つに分けることも可能です。
参考実際の植え替え・挿し木による株を増やした画像
ユーザーさんにによるモンステラ植え替えと挿し木の画像
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用